∟ Base(ベース)

ここでは、「 ∟ Base(ベース)」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月31日、
JA福岡市が、「LibreOffice」のデータベースソフト「Base」を解説したPDF形式の「LibreOffice Baseマニュアル(入門編・実践編)」を公開しました。

 PDFファイルをダウンロードして読んでみましたが、実際に利用している所から、このような「Baseのマニュアル」が提供されることは、たいへん頼もしい限りです。

 夏休みですので、学生の皆さん、データベースについて勉強するなら、ちょうど良い機会だと思いますので挑戦してみて下さい。  パソコンさえあれば、環境は全部、無料で入手できます。

 マニュアルは、PDFファイル2つとodsファイルで構成されています。

1.Libreoffice_BASEの使い方入門編.pdf
 入門編は内部研修用に作成したもので、主に「データベースとは何か?」・「データベースの基本的な考え方」について解説しています。

2.Libreoffice_BASEの使い方実践編.pdf

 マイクロソフト社の「Access」をBaseに置き換える作業中に気が付いた事を中心にまとめています。

 Baseは、Microsoft Accessとの互換性を目標に開発されたツールではありません。
 ACCESSで作成したデータベースで使えるのは、テーブルやクエリーだけです。


3.Mdb作成_Linkモジュール.ods



・JA福岡市 LibreOffice マニュアル公開サイト
 http://www.ja-fukuoka.or.jp/libre/2332/


・書籍 「実務で使えるLibreOffice」  amazonサイト
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798127981/impresswatch-18-22/ref=nosim

-- LibreOffice Base 関連記事 --
フリーのデータベースソフト「Base」(ベース)について
1)第1回 フリーのデータベースソフト「Base」(ベース)でアプリ作成
2)第2回 フリーのデータベースソフト「Base」(ベース)でアプリ作成
3)第3回 フリーのデータベースソフト「Base」(ベース)でアプリ作成(フォーム編)
4)第4回 フリーのデータベースソフト「Base」(ベース)でアプリ作成(レポート編)

LibreOffice 関連記事
The Document Foundation が、オープンソースのオフィススイート「LibreOffice 4.2」をリリース(2014年2月)
 もちろん、Baseも含まれています。
 LibreOffice 4.2は、別途、日本語ヘルプファイルをダウンロードして、LibreOffice内で使えます。

Document Foundationが、オフィススイート「LibreOffice 4.0.1」最新版を公開(2013年2月)
Document Foundationが、Microsoft Office互換ソフトの最新版「LibreOffice 4.0」をリリース(2013年2月)
The Document Foundationが、LibreOfficeの最新版「LibreOffice 3.5.4」を公開(2012年2月)
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート「LibreOffice 3.5」を公開(2012年2月)
JA福岡市が、「LibreOffice」の操作に関する文書「よく使うCalc&Writerマニュアル」を公開(2011年12月)
The Document Foundationのオフィス統合環境「LibreOffice(リブレオフィス)」v3.3.1に初のバージョンアップ(2011年2月)
フリーのオフィスソフトの総まとめ

Sponsored Links

スポンサーサイト

関連タグ : Base, データベース,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。