∟ Lotus Symphony

ここでは、「∟ Lotus Symphony」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

10月21日、
米IBM社が、無償のオフィススイート最新版「IBM Lotus Symphony 3」を公開しました。

 OpenOffice.org 3をベースにしたオフィススイートです。

 OpenOffice.orgも一般にあまり知られていませんが、Symphonyはもっと知られていないかもしれませんね。

 高価なマイクロソフト社製のOfficeなど必要ありません。  これで十分です。

lotussymphony3_001.png

新機能
1)Open Document Format(ODF) 1.2に準拠したファイルに対応
2)VBAスクリプト
3)Office 2007の OLEなどのサポート
4)UIでは、新たにスライドバーを導入、サイドバーパネルの表示・非表示も可能。
5)ツールバーコンテンツやレイアウトのカスタマイズ、OLEオブジェクトや音声/動画ファイルの挿入も可能となった。
6)Microsoft Word、Excelで暗号化ファイルのサポート
7)OOXMLファイルではVMLイメージもサポート。
8)タブや空のワークベンチにファイルをドラッグ&ドロップ可能です。


基本機能
1)ワープロ       :「Documents」
2)表計算        :「Spreadsheets」
3)プレゼンテーション :「Presentations」
の3つのアプリケーションで構成されるオフィススイートです。
1つのメイン画面内で複数のワープロ・表計算・プレゼンテーション文書をタブで管理できる。


対応OS
 Windows XP、Vista、7

・ Lotus Symphony 3 ダウンロードサイト
 http://symphony.lotus.com/software/lotus/symphony/home.nsf/home

Symphony  関連記事
1)IBMの「Lotus Symphony 1.3」がリリースしました  (2009年6月)
1)IBMの「Lotus Symphony 1.2」がリリースしました (2008年11月)
2)IBM、フリーのオフィスソフト「IBM Lotus Symphony」の正式版をリリース(2008年6月)
3)IBMのフリーのオフィスソフト「Lotus Symphony」が多言語化しました。(2008年1月)

- OpenOffice.org 関連記事
1)無料で使えるPDFファイルを編集できるOpenOfficeの拡張機能「Sun PDF Import Extension」の初の正式版となるv1.0を公開(2009年7月)
2)オープンソースの統合オフィスソフト「OpenOffice.org」の書式設定と、クリップアート・テンプレートを改善する「日本語環境改善拡張機能」をリリースしました。(2009年6月)
3)「OpenOffice.org」v3.1.0がリリース(2009年5月)
4)「OpenOffice.org 3.0.1日本語版」がリリースしました。(2009年2月)
5)「OpenOffice.org」より軽快な軽量版オフィスソフト「Go-oo」(2009年2月)
6)「OpenOffice.org」で一太郎文書を開ける拡張機能「Ichitaro Document Filter」がリリース(2009年2月)
7)「OpenOffice.org 3.0」正式版がリリース(2008年10月)
8)無料で使えるPDFファイルを編集できるソフト(OpenOffice3の拡張機能)(2008年9月)
9)「OpenOffice 3.0」の拡張機能(エクステンション)の紹介

Sponsored Links

関連タグ : オフィス,