∟ 震災情報

ここでは、「∟ 震災情報」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 高度利用者向け緊急地震速報専用受信フリーソフト「SignalNow Express」 について

 千葉県、茨城県方面は陸地に近い海底で、まだ余震が続いていますので、まだまだ不安な日が続きますね。

 ストラテジー(株)から、予測震度、到達秒数を計算し、報知音と表示でお知らせしてくれるWindows用のフリーアプリがリリースされていますので、余震の続く地域の皆様は是非、お試しあれ。

signalnow_express_001.jpg 

機能
1)気象庁の高度利用者向け緊急地震速報を受信し、予測震度、到達秒数を計算し、報知音と表示でお知らせします。
 (インターネットの常時接続環境が必要)

2)通常はタスクトレーに隠れて、緊急地震速報配信サーバと常時接続し、緊急地震速報を受信した場合、予報地点に到達する震度を予測演算して通報します。
(TCP/IP 80番ポートを使用し、NTPでの時刻同期が必要。受信電文は約80バイトです)。



設定画面
signalnow_express_002.png 
・通知する地域や震度などを指定できます。


対応OS
 Windows 7、Vista、XP (64bit版もあります)

Banner01_234x60.jpg 

・ストラテジー株式会社 ダウンロード
 http://www.estrat.co.jp/download.html

 ダウンロードして使用するには、メールアドレスの登録が必要です。
 受信したメールの「ライセンスキー」が無いとログインできません。

--関連記事--
1)Googleが、災害情報特設サイト「Google Crisis Response」に、Googleマップ上に東京電力のページで公開されている停電時間グループ情報がマッピングしたサイトを新たに追加(2011年3月)
2)Google、Honda、パイオニアが協力、東北地方の「自動車・通行実績情報マップ」を公開(2011年3月)
3)Googleが、地震後の東北地区の衛星写真をGoogle MapsとEarthで公開しています。(2011年3月)
4)東北地方太平洋沖地震(2011年3月)

Sponsored Links

スポンサーサイト

関連タグ : 緊急地震速報専用受信,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。