∟ 天体観測

ここでは、「∟ 天体観測」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

 Microsoft社の天体観測できる「WorldWide Telescope」で、天体へ任意の写真などを貼り付け可能になりました。

 「Worldwide Telescope」の最新版「Worldwide Telescope Penumbra Beta」v3.0.5.1を公開。

 この分野のアプリとしては、Microsoft社の方が、Googleの「SKY」より凄いと思います。 お試しあれ!


WorldWide_Telescope_3051.png


最新版の主な変更点
 太陽系の天体上や夜空へ任意の写真やベクターデータなどを貼り付け可能になった。

<写真などの貼り付け方法>
 画面左下の「Show/Hide Layer Manager」ボタンが表示されている「Layer Manager」パネルで行える。
1)貼り付けたい天体の3D地形に表示を切り替え、画面左下の「Layer Manager」パネル上部のツリーで貼り付けたい天体を選択する。
2)ツリーの右クリックメニューの「Add」項目から貼り付けたいファイルを選択。
3)天体の3D地形上に画像などが表示され、座標を数値で表示したダイアログが表れるので、画像をドラッグしたり数値を入力して表示位置を決め、ダイアログの「OK」ボタンをクリックすれば、画像などを3D地形上に貼り付けられる。

対応OS
 Windows XP、Vista、7 (動作には、DirectX 9.0cおよび.NET Framework 2.0が必要)

・デスクトップ版 ダウンロード 
 http://www.worldwidetelescope.org/Home.aspx

--関連記事--
1)Microsoft社の天体観測できる「WorldWide Telescope」で、火星の詳細な地形を3D表示可能になりました。(2010年7月)
2)Microsoft社のデスクトップから天体観測できる「WorldWide Telescope」について(2008年9月)

<GoogleのSKY情報>
1)Googleが、ブラウザ版の「Google Sky」をリリース
2)Googleが、「Google Earth」に天体表示レイヤー「Sky」の最新版と「Sky API」をリリース

Sponsored Links

関連タグ : 天体観測,