∟ モバイルバッテリー

ここでは、「∟ モバイルバッテリー」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

7月24日、
サンコーが、名刺サイズで薄い2200mAhバッテリー内蔵USBメモリ『ごくうすバッテリー 7.5mm』を販売開始

 スマホをお持ちの皆さんは、予備のバッテリーをお持ちの方は多くなっていると思います。
 私も2個(5000mAh、8800mAh)、所有していますが、結構、重いですよね。。。

 この商品は女性にお勧めです。  旅行の時にも、1台持っていると安心です。
 なぜなら、軽くて薄い、バックの中に入れておくと、どこに入れたが、ガサガサ探さないと分からなくなるでしょうね。

 スマホとタブレットをカバンの中に入れている方は、8800mAh位の容量のバッテリーが有ると非常に安心ですが、スマホ1台程度でしたら、「iPhone5」を1回充電できる程度の2200mAh、重さ61gで安心ではないでしょうか。

 しかも、4GBのUSBメモリーとしても使う事が可能です!

sankou_gokuusu_batt_001.jpg

対応アダプタ
・Dockコネクタ(iPhone 4S以前に対応)
・Lightningコネクタ(iPhone 5以降に対応)
・microUSB(スマホ用)
・miniUSB(デジカメなどに対応

・サンコーレアモノショップ
 http://www.thanko.jp/product/4674.html


追記> 「モバイルバッテリー」を購入する時のチェック項目
 家電量販店に行くと、多種多様のバッテリーが販売されていて、どれを選べば良いか、私も迷ってしまいます。

1)充電の必要な機器を何台所有しているのか? 
  それによって購入するバッテリーの容量が決まります。

2)何回、充電できれば良いのか?
  1回程度でしたら、端末の容量より、少し多めの容量のバッテリーを選択です。
  なぜなら、バッテリーも長く使用したいなら、なるべく満充電しない方がベストです。
  (特にリチュームイオンではなく、リチュームポリマー電池の場合)

3)使用している機器の充電する時のアンペアに注意する。
  通常のスマホ対応のバッテリーだと、1A(アンペア)程度です。
  例えば、iPadなどは1.2A(アンペア)くらい必要ですので、容量の大きいバッテリーでも購入時に確認すること。
  スマホとタブレットを同時に充電できるタイプのバッテリーも販売されています。

--関連記事--
SONYが、スマートフォンや携帯電話を充電可能な手回し充電・非常用ラジオ2機種を発売 (2013年5月)
スマホ、タブレット用のバッテリーについて (2013年5月)
アスクが、Eton社製の手回し発電機能を搭載したスマートフォン充電バッテリー「BoostTurbine2000」シリーズを発売
アクト・ツーが、MacBook対応の大容量モバイルバッテリー「HyperJuice 2」(Sanho製)の取り扱いを発表、販売を開始
ルックイーストが、小型・軽量のリチウムイオンバッテリー「Power-Pond Smile」を発売(2012年8月)
モバイル用バッテリーいろいろ(2012年2月)
パナソニックが、ワイヤレスで電池が充電できる「Charge Pad(チャージパッド)」シリーズを発売(2011年4月)

Sponsored Links

関連タグ : モバイルバッテリー,