●Google ソフト

ここでは、「●Google ソフト」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

11月20日、
Googleが、同社が開発中のOS製品「Google Chrome OS」のオープンソースプロジェクト「Chromium OS」をついに公開しました。

 Chromeのオープンソース版にあたるChromiumプロジェクトの一部として提供され、現時点でソースコードや各種リソースが紹介されています。
 Chrome OSの正式リリースは2010年末を目標としているそうです。

google_chrome_os_00.png 
 
特徴
・「Google Chrome」は、「Linuxカーネル」上の新ウィンドウ・システム内で動作する、ウェブをプラットフォームとするOSの様です。

・数秒で起動して、ブラウザ内にブートする。

・今のところ、対象マシンはネットブックです。

・Googleのwebサービス(Gmail、Google Docsなど)の周辺に構築しています。
 普通のアプリケーションは無くなり、WEBアプリケーションだけになった感じですね。
 
 フリーソフトの紹介をする必要が無くなりますね。WEBサービスの紹介が多くなる。。。
 アプリケーションは、何にもインストールしなくていいし、アップデートもしなくていいと、云う感じになりますね。

google_web_serv00.png 

 上記の様に、Windowsのデスクトップに、Chromeを利用して作成したWEBサービスのショートカットが必要なくなると云うことですか。。。。。。

感想> 
 WEBサービスを十分活用されている方なら、このOSのコンセプトを理解できるでしょうが、そうでない方は、なんだこれ?ではないでしょうか。
 
 Googleの「どうだ! 使える(活用できる)ものなら使ってみよ!」という態度が好きですね。

 パソコンは所詮、「道具」です。 使う人間の能力以上の事は、何一つできません。

 このOSは、ネットブックPCではなく、「iPhone」より少し大きい型のタッチパネルのデバイスで、無線LAN環境で、いつでも、どこでも、さっと取り出して使えるマシンで使ってみたいですね。 ドラえもんのポケットのような感じですか。。。。

 タダのOSで、Googleの思惑通り、「多数」の市場を確保できるかどうかは、まだ分かりません。


・Chromiumプロジェクト サイト
 http://sites.google.com/a/chromium.org/dev/chromium-os

Sponsored Links

関連タグ : ChromeOS,