∟ Evernote

ここでは、「∟ Evernote」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回は、流行の「スマートフォン」、「タブレット」をより、活用するのに欠かせない、「クラウド」を利用する方法を記載します。

2010年3月、
米Evernote(エバーノート)が、ついにWEBメモサービス「Evernote」の日本語版をリリースしました。
evernote_000.png

 「Evernote」は、WebサイトのURL、PDF、テキスト、手描きメモ、画像などを、PCとサーバーに同時に保存するWebサービスです。
 2年前から、英語をなど複数の言語版がリリースされていましたが、今回、新たに日本からの利用増に伴い、日本語版がリリースされました。

  クラウド上に各種のデータを保存可能になれば、自宅にいても、外出先でも、会社で仕事をしていても、手を伸ばせば、自分のいる場所の書類が取れるように、いつでも、どこにいても手に入ります。

 今の時代は、スマートフォンやタブレット、ノードPCが有りますので、これを活用しないという手はありません。

 そこで今回は、まだ他にも同じような「クラウド」を使ったWEBサービスが有りますが、今回は「Evernote」の導入方法と使い方について記載します。

1.はじめ方

 Evernoteを利用するには、Webからアカウント作成をした後、パソコンやスマートフォン用のソフト(アプリ)をそれぞれの
機器でインストールします。

1)アカウント作成
・下記のサイトの右上に「新規アカウント作成」があります。
 http://www.evernote.com/about/intl/jp/

<Evernoteのソフトは、下記の環境に対応>
 手持ちのすべてのパソコンとスマートフォンにインストールしておくことで、Evernoteの利用価値はぐんと上がります。


2)インストール作業
対応OS
・Windows(Windows XP/Vista/7)
・Mac OS X(10.5/10.6)
・iPhone/iPod touch(iPhone OS 3.0以降)
・Android(Android OS 1.5以降)
・Windows Mobile(Windows Mobile 5.x or 6.x)
・BlackBerry(BlackBerry Curve、BlackBerry Bold、BlackBerry Storm)
・Palm Pre

 例えば、
 ①Windows版をインストールして、新規作成したアカウントでログインすると、下記の画面が表示されます。

evernote_001.png 


 そして、次に
 ②Appleの製品をお持ちなら、 iPhone、iPod touch 、iPad などの各端末で、App  Storeより、「Evernote」をインストールします。 

 iPhone、、iPod touch 、iPad でアプリケーションをインストールするために使用する、下記の標準アプリを起動します。
app_store_apri.png 
 アプリ内で、”Evernote”で検索すると、下記の象のマークが出てきますので。。。インストールします。
 (先ずは、無料のが有りますので、これで十分かと思います)
evernote_005.png 

 インストールして起動すると画面左の「新規ノート」が表示されます。
 もちろん、登録したアカウントでログインする必要があります。
evernote_006.png 

 ここまの作業で、WindowsとAppleのデバイスで使える準備は整いました。



2.「Evernote」の同期に関する仕組みについて

 すべてのEvernoteアプリケーションは、定期的にEvernoteのWebサーバーと情報を交換しています。
 新しいノートが作成されたり既存のノートが編集されるたびに、そのデータはEvernoteのサーバーにアップロードされます。
 このデータはその後
、ユーザーの他のEvernoteがインストールされたデバイスにダウンロードされます。これが同期です。

everenote_sync_button.png 

1)EvernoteのWindows版/Mac版ソフト
  インターネットに接続していない(オフライン)環境でも利用できます。
  サーバーと同期した情報はすべてパソコンの中にもあるので、Webから集めた情報を移動中にオフラインで整理し、オンラインに戻ったときに同期する、といった使い方がスムーズにできます。

2)スマートフォンのアプリ
  オンラインでの利用が基本となります。
  iPhoneアプリには、特定のノートをオフラインで閲覧できる「お気に入り」機能や、有料のプレミアムアカウント限定となる、選択したノートブックをまるごとオフラインでも閲覧可能にする機能があります。


3.機能について

・テキストや手描きメモを入力したり、ドラッグ・アンド・ドロップで画像を保存したりすることが可能です。
・ソフト上で保存、変更、削除したデータは定期的にEvernoteのサーバーと同期可能です。

・ブラウザーでWebページを表示している際、右クリックメニューからそのサイトのURLをEvernoteに保存できるようになる。

1)EvernoteのWebクリップ機能

 会社や自宅で、WEBサイトを閲覧していて、後で見たい場合がよくあります。そんな時、さっとクリップしておけば、電車の中でも iPhone、iPod touch 、iPad で見ることができますよね。

 EvernoteのWebクリッピング機能はすべての新しいWebブラウザ向けに用意されています。
 「Webクリッパー」をブラウザにインストールするには、EvernoteのWebクリッパーのダウンロードページを訪問します。

①IEの場合、Evernoteをインストールしたときに、ブラウザで保存したいページで右クリックすると
 「ADD to Evernote」が表示されますのでクリックして、保存指示画面より保存可能です。

②Safari(MAC)の場合は、クリッパーはEvernote for Macと同時にインストールされます 。

③その他のブラウザ(Firefox、Chromeなど) 専用のエクステンションをダウンロードインストール。


2)ノート機能

 パソコン版のEvernoteのメインウィンドウの上部に「新規ノート」というアイコンがあります。

evernote_note_kinou_001.png

1)ノート
 キーボードから文字情報を入力する機能です。 写真などの画像ファイル、PDFも張り付け可能です。

2)インクノート
 マウスなどを利用して、手描きのメモが取れる機能です。

3)ウエブカメラノート
 WEBカメラがパソコンに接続されていれば、動画も保存可能です。

補足
 第四世代の「iPod touch」は、カメラ、マイクが付いていますので、iPhoneと同じように、カメラロール、スナップショット、ボイスなどが利用可能になります。

 主に基本機能だけですが、このような使い方ができますので、後は、あなたの「使い方」次第です。

 お正月、ちょっと試してみては、いかがでしょうか?  全部、無料でできますので。


・Evernoteサイト
 http://www.evernote.com/about/intl/jp/

・Windows版、MAC版、Android版のEvernoteをダウンロードする(Evernoteサイト)
 http://www.evernote.com/about/intl/jp/download/

・ iPhone、、iPod touch 、iPad 用のEvernoteをダウンロードする(iTunesサイト)
 http://itunes.apple.com/jp/app/evernote/id281796108?mt=8


追記> 2012年11月
・「Evernote 5 for Mac」が、100 以上の新機能を搭載してリリースしました。
 http://evernote.com/intl/jp/evernote/whats_new/mac/


関連記事
1)NAVERが、無料オンラインストレージ「Nドライブ」のiPhoneアプリ公開(2010年7月)
2)「Nドライブ」と連携できるIE、Firefox用「NAVERツールバー」がリリース (2010年8月)
3)エバーノートが、WEBメモサービス「Evernote」の日本語版をリリース(2010年3月)
4) Microsoft社が、オンラインストレージ「Windows Live SkyDrive」の日本語版をリリース

Sponsored Links

スポンサーサイト

関連タグ : Evernote,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。