∟ スキャナ

ここでは、「∟ スキャナ」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

11月1日、
エプソンが、A4シートフィーダースキャナーの新製品として、3機種「DS-510」、「DS-560」、「DS-860」を発表しました。

 スマートフォン、タブレットの普及で、端末内にドキュメントをさっと取り込んで、書籍を読んだり、ドキュメントを活用するシーンができるようになりましたが、このドキュメントを取り込んで、デジタル化する作業が、結構面倒な作業です。

 私の場合は、会社のネットワーク対応プリンター(複合機)のフィーダー機能を使い、500ページの書籍を15分くらいでスキャンして、PDFファイルに変換して、iPadに入れて使用しています。

 タブレットを活用する為に、個人用に、1台、家に置いておきたいのですが。。。。。まだまだ高価ですね。

epson_scan_201311_001.jpg epson_scan_201311_003.png

1)『DS-510』  2013年11月14日に発売
 従来機(ES-D350)比約46%のコンパクト化
 26枚/分(A4カラー 200dpi/300dpi)の高速スキャンを実現したモデル

2)『DS-560』  2014年1月下旬に発売
 スマートデバイスとの連携を可能にしたWi-Fi®モデル
 パソコンを使用せずに直接スマートフォンやタブレット端末にスキャンが可能です。

3)『DS-860』 業務用モデル  2014年2月上旬に発売
 60枚/分(A4カラー 200dpi/300dpi)高速スキャン
 80枚(80g/m²紙)の大容量給紙による高い生産性を実現したモデル。

4)「DSBXNW1」 ネットワークインターフェイスユニット  2013年11月14日に発売
 PCを操作せずにパネル操作でスキャン作業ができます


 私のスキャナーに求める機能を上げるとすれば、下記の3点ですが、エプソンの製品は、この点をしっかりと考えて作られていると感じます。

1)ページ数が多い場合はやはり、高速にスキャンしてくれること。

 じっくりと、ちんたら、スキャンしてくれるのも良いのですが、やはり、さっさとスキャンしてくれる方が助かりますので。
<読み取り速度>
 ちょっと高価ですが、『DS-860』は、私の使用している複合機より読み取り速度が高速です。
 『DS-510』、『DS-560』も26枚/分(A4カラー 200dpi/300dpi)の高速読み取りを実現しています。

2)読み取り途中で、引っかかって、止まらない事。
 これは、書籍を裁断する時の丁寧さにも影響します。 雑に裁断すると、引っかかって途中で、機械が止まります。

 新開発「スマートフィーディングシステム」搭載による給紙性能が向上しています。
epson_scan_201311_002.jpg

  給紙前に複数枚数の原稿をそろえる「整紙ガイド」、重送を抑える「紙分離ローラー」、重送した場合にスキャンを自動的に止めてデータ抜けを未然に防止する 超音波式の「重送検知装置」を搭載した「スマートフィーディングシステム」により、大量原稿の取り込みでも安心してスムーズにスキャンができます。


3)アプリケーションの機能

 スキャン後、PDFファイルに変換する前に、読み込んだ時、画像の微妙な傾きなどを修正するアプリケーションの機能です。 そして、読み込んだ文書ファイルを操作する機能ですが、ユーティリティーソフトも付いていますので問題ありません。

ユーティリティーソフト
・Document Capture Pro(読み取りから、仕分け、編集、転送までの作業をコントロールできます)

アプリケーション
・OCRソフト「読んde!!ココパーソナルVer.4」
・名刺整理ソフト「Presto! BizCard 5 SE」

・エプソン 製品サイト
 http://www.epson.jp/products/scanner/seihin/?model=speedy


--関連記--
PFUが、ドキュメントスキャナ「ScanSnap」の最上位機種「iX500」を11月30日に発売(2012年11月)
ブラザーが、「ドキュメントスキャナー」を計4機種を7月下旬から発売(2012年7月)
自炊してみました。 (2012年4月)
電子書籍の作り方 その2 WORD形式のドキュメントをPDF、ePUB形式の電子書籍を作成する(2012年3月)
電子書籍の作り方(2012年2月)

1)キングジムが、iPhoneを直接ドッキングしてデータを取り込めるスキャナ「iスキャミル ミニ」を発売 (2012年6月)
2)(株)PFUが、ドキュメントスキャナー「ScanSnap」シリーズに、Android搭載端末と連携するエントリーモデル「S1300i」を販売開始(2012年5月)
3)紙の書籍を「自炊」して、KindleやiPad、iPhoneなどのデバイスで読むために必要なスキャナーの選択 (2012年4月)

4)ジャストシステムが、ePUB3.0形式でのエクスポートが可能な「一太郎2012 承」を発売開始。(2012年2月)

5)キングジムが、iPhoneを直接ドッキングしてデータを取り込めるスキャナ「iスキャミル ミニ」を発売 (2012年1月)
6)Appleが、電子書籍作成ソフト「iBooks Author」を無料公開(2012年1月)

7)「Word」ファイルから、電子書籍形式「ePub」ファイルを生成するアプリ「Smart ePubフリー版」を試してみました。(2011年9月)
8)
MS-Wordファイルから、標準的電子書籍形式ePubファイルを生成するアプリ「Smart ePubフリー版」 (2011年9月)
9)
ePUB対応の電子書籍を簡単に作成できる「Sigil」を使って「iPad」の「iBooks」で見る (2011年9月)

10)ドラッグ&ドロップで、ebooksのフォーマットを変化してくれる「Hamster Free eBook Converter」
11)ブログサイトをEPUB形式の「電子書籍」を作成できる「calibre」について(2010年8月)
12)EPUB形式の電子書籍をパソコンで見る事ができるFirefoxアドオン「EPUBReader」
13)自分の所有する書籍やドキュメントを電子書籍化するときに便利なフリーソフト2つ(2010年7月)


Sponsored Links

関連タグ : スキャナー,