∟ Windows8 インストール・設定

ここでは、「∟ Windows8 インストール・設定」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Windows8 のウイルス、セキュリティ対策について

 昔(XPの頃)は、本当に何もセキュリティ関係のアプリは標準で入っていませんでした。
 ファイヤーウオールもインバウンドだけでした。

 マイクロソフトも、セキュリティソフトメーカーに気を使っている場合ではなくなっています。 なんせ、グダグダな使い方をしているパソコンを踏み台にして、自社サーバーに攻撃を仕掛けられてはたまりませんので。

 Windows8の場合、とりあえず、他社のセキュリティソフトを使わなくても、ぎりぎり使えるようになっています。
 Windows8 で、新しい改善されたセキュリティ機能の一覧です。

1)ファミリー セーフティ設定


  子供のオンライン活動を監視することが、これまで以上に簡単になっています。
  インターネットの使用の監視、特定の Web サイトのブロックまたは許可、及び子供がアクセス可能なゲーム、アプリの使用の選択ができます。


2)自動更新

3)ウイルス対策ソフトウェア

 パソコン初心者(万年初心者も含む)は、OEM版(メーカー製)のパソコンを購入するまでは良いのですが、ウイルスセキュリティ対策ソフトのことなど感知していません。
 市販のセキュリティソフトのお試し版がインストールされていますが、これさえ設定できません。

 設定できたとしても、とっくに期限が切れてしまっている場合が多いですね。 いつ、やられてもおかしくない状態になっています。

 こんな、ぐだぐだのパソコンが多いと、マイクロソフトも気が気ではありません。 なぜなら、こんなパソコンを踏み台にして自社サーバーに攻撃を仕掛けられたら困るからです。。。。。

 Windows   XP--------->Vista----------->7---------------->8
       
 「Windows 8」は、Vistaから標準搭載された「Windows Defender」に、非標準搭載の「Microsoft Security Essentials」ウィルス対策ソフトが組み込まれ、ウイルスやルートキット、トロイの木馬等の検出を行う「アンチウイルスソフトウェア」としての機能も実装されました。  

 これで、ウイルス、セキュリティ対策など、何もしないユーザーの無防備なパソコンを防御するようにしています。

 というか。。。海外の怪しいサイトさえ行かなければ、マイクロソフト標準のファイヤーウォール機能とこの「Windows Defender」で十分ではないでしょうか。
 Windows 8は、Aviraの「アンチウイルスソフト」を入れていますので、「Windows Defender」は無効になっています。

 私などは、Windows7に、Aviraの「アンチウイルスソフト」しか入っていませんが、やられたことは一度も有りません。
 もちろん、Windowsアップデートも更新していますし、クレジット決済は一切使用しませんので。
 クレジットカード番号などは、一度入力したら、記憶されていますので、盗まれますよ。
 オンラインで、商品を購入する場合は、代引き、コンビニ決済しか使いません。 できない所から物を買いません。

 TwitterやfacebookといったSNS経由での感染が増えている様ですが、これも一切やらない。


 でも、もっと厄介なのは、下記の「ソーシャルエンジニアリング」ですね。

 「ソーシャルエンジニアリング」という手法を使うと、ファイアウォールやIPSに検知されないための技術を駆使するよりも、ずっと簡単に相手をだますことが可能だそうです。

ソーシャル・エンジニアリング (ウイキペディア)
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0


  とはいえ、最近のネット犯罪は、昔の様に、自分の力を誇示したり、いたずらする目的では無く、組織的に金を巻き上げる目的が多くなっています。 それも次から次えと。。いたちごっこです。

 金になるからやる。。。。騙される奴が、大勢いるからです。 おいしい話にも、乗らない事です。



4)フィッシング フィルター Windows SmartScreen はフィッシング詐欺、マルウェア対策ソフトウェアがまだ検出しない新しいマルウェアからユーザーを守る新しいセキュリティ機能です。
 「コントロールパネル」の「アクションセンター」のセキュリティのWindows SmartScreenで設定できます。
smartscreen_001.png


5)データとデバイスのセキュリティ
 BitLocker ドライブ暗号化は 、Windows コンピューターを暗号化し、ドキュメント、パスワード、及びその他の重要なデータを安全に保持します(BitLockerは、「Windows 8 Pro」以上の機能です)。



補足
1)Windows Defender (2006年10月リリース) :Vistaから標準搭載
 Windows 7までは、マルウェアの中でも「アドウェア」、「スパイウェア」にのみ対応するセキュリティ対策アプリでした。

2)Microsoft Security Essentials (2009年9月リリース) :非標準搭載(自分でインストール)
 マイクロソフトが開発した無償のアンチウイルスソフトウェアです。

・ダウンロード サイト(xp、Vista、7のユザーは無料で使用できます)
   http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/security-essentials-download

追記
 Windows7のノートパソコンで、セキュリティソフトの購入を勧める、変なアプリがいつの間にか、インストールしてしまい、これを何とかできないかと依頼があり訪問して削除してきました。
 問題のソフトの名前は忘れましたが、WindowsのUIに顔が表示される奴です。

 ついでに、メーカー製(SONY)のパソコンですので、使いもしないアプリが山ほど入っていて、しかも起動時から動いているのもありますので、パソコンが重くなっていました。

 まずこんなパソコンは、「Windows 7 高速化」 以前の問題で、スタートアップチェッカーでアプリの首を絞める以前に、使用していないアプリを全部、時間をかけて「削除」すると、確実に軽くなります。

 喜んでいましたよ。 問題を解決しただけでなく、パソコンが軽くなったと。。。。。


関連記事
1)マイクロソフトの無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」の最新版がリリースされました(2010年10月)
2)次期「Microsoft Security Essentials」のベータ版の提供を開始しました。(2010年7月)
3)マイクロソフト社、フリーのセキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」の偽物に注意!!!
4)マイロソフトが、無料セキュリティ対策ソフト「Microsoft Security Essentials」をリリース(2009年3月)

Sponsored Links

スポンサーサイト

関連タグ : Windows8, セキュリティ対策, Defender,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。