∟ セキュリティ ソフト類

ここでは、「∟ セキュリティ ソフト類」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月12日、
Microsoft社が、システム管理者向けのセキュリティチェックツール「Microsoft Baseline Security Analyzer(MBSA)」のVer2.3を正式公開しました。

 最新版となるVer2.3は、新たにWindows 8、Server 2012、8.1、Server 2012 R2がサポートされた。
 但し、Windows 2000のサポートは打ち切られています。

 このアプリは、システム管理者向けのセキュリティチェックツールとなっていますが、個人の方でも、インストールして、十分使用できますので、お試しあれ。  お勉強にもなります。


 それでは、ダウンロード、インストールして、起動、実行する処まで記載しますので、参考までに。

・Microsoft Baseline Security Analyzer サイトにアクセス
 http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/cc184924

 サイトが表示されたら、MBSAのダウンロードをクリックすると、下記の画面が表示されます。

 たぶん。。。どれを選択すれば良いか、分からない人が居ると思いますので、覚えておいてください。
 Microsoft社などのダウンロードサイトで、下記の様にプログラムを選択する画面が出てきた場合、

 x64はWindowsの64Bit版のOSです。  32Bit版のOSの場合は、x86ですので、しっかり覚えておいてください。
 (64か32BIT版か、分からない場合、コントロールパネルの「システム」を表示すると、記載されています)
 
1)私の場合、Windows7 32Bit版ですので、「MBSASetup-x86-JA.msi」を選択します。

MBSA23_001.jpg
ダウンロードしてインストールして、MBSAを起動します。



2)MBSAを起動すると、下記の画面が表示されますので、「単一のコンピュータをスキャン」を選択クリック。
MBSA23_003.jpg


3)コンピュータ名などが表示されいます。

 オプション項目を見て、必要なければ、「SQL Sver」など必要でなければチェックを外す。
MBSA23_004.jpg
 「スキャンの開始」ボタンをクリックすると、開始します。


4)スキャン中の画面(ちょっと、時間がかかる場合が有りますが、待ちましょう)

MBSA23_005.jpg


5)スキャン結果が表示された画面です。
MBSA23_006.jpg

 下記の項目をチェックしてくれます。 問題が有れば、解決方法も記載されていますので、是非一度、使ってみて下さい。  自分で認識していなかった部分も表示される時が有りますので、たいへん参考になります。

スキャン項目
・セキュリティ更新プログラムのスキャン結果
 Office のセキュリティ更新プログラム、Silverlight のセキュリティ更新プログラム、Windows のセキュリティ更新プログラム

・Windows のスキャン結果

 ログインパスワード、更新プログラム、Windows ファイアウォール、自動更新、アカウントなどの情報をチェック

・追加システム情報

  監査、サービス、共有、Windows のバージョン 

・インターネット インフォメーション サービス (IIS) のスキャン結果
 IIS の状態

・デスクトップ アプリケーションのスキャン結果
 IE のゾーン、マクロのセキュリティに問題はないか。


関連記事
Microsoft社のSecurity(セキュリティ)関連のアプリケーション2本 (2011年12月)
マイクロソフトの無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」の最新版がリリースされました(2010年10月)
次期「Microsoft Security Essentials」のベータ版の提供を開始しました(2010年7月)
マイロソフトが、無料セキュリティ対策ソフト「Microsoft Security Essentials」をリリース

マイクロソフト社、フリーのセキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」の偽物に注意!!!

Sponsored Links

スポンサーサイト

関連タグ : MBSA,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。