∟ ミニノート 情報

ここでは、「 ∟ ミニノート 情報」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年8月28日、
パナソニックが、ノートパソコン「Let's note」3機種の秋冬モデルを発表しました。
「CF-LX3」「CF-SX3」「CF-NX3」の3機種で、9月13日に発売。

 NECに続いて、パナソニックもスマートフォン事業から撤退だそうで。。。ちょっとさびしいのですが、パソコン事業は、まだまだ頑張っています。

 今回の新モデルでは、14型ワイド液晶ディスプレイを搭載する「LX」シリーズが追加されています。  
 ビジネス用パソコンのユーザーは、大画面でかつ外に持ち出せる軽い製品を求めているようで、その要望に応えたのが「CF-LX3」シリーズの様です。

 MacBook Air 13インチを使用していますが、歳のせいで画面の大きいのがほしくなりますが、解像度が上がるだけで、文字の大きさが大きくなるわけではありません。大画面にして、字が大きくならないと、勘違いしている人が結構います。
 確かに、カバンに入れて持ち歩くには、13~14インチが限界でしょうか。 13インチ並みに小さくできています。

 画面さえ折りたたむ事ができる製品が世に出れば、タブレットと区別がなくなるではと思いますが、もう少し時間がかかります。
 もう一つ、パナソニックの製品は、高価ですが性能が良いので、特にXPのサポート終了後は、デスクトップを止めて、ノートPC、1台にしてしまう事もできます。


Lets_note_20130828_001.jpg



1)「CF-LX3」シリーズ
  :http://panasonic.jp/pc/products/lx3n/
 解像度が1600×900ドットの14型液晶を備える。
 14型ノートPCとして世界最軽量の1.14kgを実現
  本体サイズ : 約333(幅)×225.6(奥行き)×24.5(厚さ)mmと、13.3型ノートPC並み

 最上位機の「LX3NERBR」は、ブルーレイドライブを搭載しながら、1.395kgと軽い。
 CPUはCore i7-4500U(1.8GHz)。8GBのメモリーと、256GBのSSDを搭載する。

 付属の大容量バッテリーで、最長22時間駆動。
 Office Home and Business 2013が付属する。実勢価格は約29万5000円、Officeなしモデルは約27万円。

 スーパーマルチドライブを備えるモデルや、ドライブを搭載しない廉価モデルもある。
・Core i7・ブルーレイドライブ搭載モデル
・Core i7・光学ドライブ非搭載モデル
・Core i7・DVDドライブ搭載モデル
・Core i5・DVDドライブ搭載モデル



2)「CF-SX3」シリーズ  :http://panasonic.jp/pc/products/sx3y_nx3y/

 1600×900ドットの12.1型液晶を搭載。

 最上位機の「SX3NEYBR」は、Core i7-4500U(1.8GHz)、メモリーは4GBで、256GBのSSDを搭載。DVDスーパーマルチドライブを装備。

 Office Home and Business 2013が付属する。 実勢価格は約26万5000円、Officeなしモデルは24万円だ。
 CPUがCore i5-4200U(1.6GHz)で、ストレージに750GBのHDDを搭載する廉価モデルもある。
 付属の標準バッテリーを使えば、30時間駆動。軽量バッテリーパック(S)装着時:約15時間



3)「CF-NX3」シリーズ  :http://panasonic.jp/pc/products/sx3y_nx3y/

 1600×900ドットの12.1型液晶を搭載。

 最上位機の「NX3YEABR」は、Core i5-4200U(1.6GHz)、メモリーは4GBで、750GBのHDDを搭載するモデル。
 光学式ドライブは非搭載で、Officeソフトも付属しない。実勢価格は約18万5000円。
 軽量バッテリーパック(S)装着時:約13時間



共通
 OSはいずれもWindows 8 Pro(64ビット版)で、Windows 7へのダウングレードも可能。

直販モデル
 1クラス上のCPU、無線LANにIEEE 802.11acを搭載するほか、容量512GBのSSDなども用意。
 メモリは最大16GBまで対応。
 Windows 7 Professional(ダウングレード)や、Officeの有無、バッテリ容量などを選択できる。発売は9月20日。


関連記事
パナソニックのWindows 7搭載ノートパソコン「Let's note」 S/Nシリーズ
値段の高いWindowsノートパソコン 2台紹介します。

1)シャープ初のネットブック、「Mebius PC-NJ70A-W/B」の発売(2009年5月)
2)東芝「ダイナブック」シリーズ初のネットブック 「dynabook UX」が発表されました(2009年4月)
3)Asusが、Eee PCの新機種 「Eee PC S101H」が国内向けに発表(2009年2月)
4)ASUSの最長9.5時間駆動の「Eee PC 1000HE」発表(2009年2月)
5)ゲートウェイが、ミニノート「LT1001j」を発表(2008年12月)
6)ミニノートで、「Windows XP」を快適に使うために必要なアプリケーション
7)日本のメーカー製 ミニノート(低価格)パソコン 2台(2008年10月)
8)ASUSが、Eee PCのデスクトップ版である「Eee Box B202」を発表。(2008年8月)
9)低価格ノートパソコン(ミニノート) まとめ(2008年8月)
10)日本エイサー(acer)の新発売の「mini(ミニ)」パソコン (2008年5月)
11)「mini(ミニ)」パソコンいろいろ まとめ

Sponsored Links

スポンサーサイト

関連タグ : ノートPC,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。