∟ Peint.net

ここでは、「 ∟ Peint.net」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年1月、
Paint.NET開発チームは、オープンソースの画像編集ソフト「Paint.net 3.22」をリリースしました。
2007年8月にv3.1、 12月にv3.2と機能アップが続いています。

このソフトウェアは、Microsoft Windows用に「ワシントン州立大学」のプロジェクトとして始まり、Microsoft社の指導と共に開発されました。

Paint.net 3.22
paintnet.gif

対応OS
・Windows XP SP2以降、Windows Server 2003 SP1以降、Windows Vista

その他必要環境
・「.NET Framework Version 2.0」以降が必要(Windowsアップデートで入手可能です)。 

3.2の新機能
・矩形領域選択ツールの固定サイズ/固定倍率の範囲指定が可能。
・レンダリング効果として、マンデルブローとジュリアフラクタルのサポートといった機能強化。

3.22の新機能
・ノイズの除去」機能
 メニューバーの「効果」の「ノイズ」より選択することが可能。
・イメージを開いていない場合、「Ctrl+w」で、Paint.NETを終了可能に。
・「フォーカスなし」、「コントラスト調整」など各種効果を修正。

感想
 「Windows 標準」の「Paint」はシンプルで簡単に使える重宝なソフトなのですが、ちょっと機能不足で不便な時があります。ですが「Paint.net 」を使うと、ほとんどの作業ができていまいます。

 アドビの「フォトショップ」、「イラストレータ」の様な高機能なソフトではないけれど、軽くて便利な画像編集ソフトの一本ですので、是非お試しあれ。

・下記のサイトより、ダウンロード可能です。 
 http://www.getpaint.net/

Get Paint.NET!


更新情報
・2008年5月4日 Paint.NET v3.31がリリースされています。
 
・2008年7月7日 Paint.NET  v3.35がリリース。
赤色・緑色・青色の光の三原色ごとに色数を指定できる「ポスタリゼーション機能」が追加


関連記事
画像関係のフリーソフトについて(フリーの画像処理ソフトが満載です)
画像の加工ができるWebサービス
ドロー(Draw)系の画像処理フリーソフト
フリーの画像処理ソフト「GIMP 2.4.4」リリース


Sponsored Links

スポンサーサイト

関連タグ : Paint.net,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。