ブログ、ホームページ作成に役に立つ情報、フリーソフト情報、企業や個人のIT活用を支援する為のパソコン講座を掲載します。

Sponsored Links

 ちょっと、便利なソフトが見つかりましたので掲載します。
 特に、XPで「Windows7 ベータ」をマルチブート環境でお使いの方は必見です。

 「EasyBCD」は、Windows Vista以降に搭載されたブートローダー「Windows ブートマネージャ(Bootmgr)」の設定をカスタマイズできるソフトです。

 「ブートローダーとは」、
 Windowsを起動させるプログラムで、1つのPCに複数のWindows OSがインストールされているマルチブート環境では、起動OSを選択する機能も有しています。

 Windows Vista以降のOSでは、ブートローダーの設定は、BCD(Boot Configuration Data)ストアと呼ばれる領域に保存され、このソフトを使用すると、BCDを編集することが可能になります。

 ですので、何ができるかと云うと、
 「Windows XP」に先日リリースされた「Windows7ベータ」をマルチブート環境で使用すると、電源投入後、XPと7を選択する画面が表示されて、ほっておくとWindows7が勝手に起動してしまいます。

 このソフトを使用すると、デフォルトで起動するOSが「Windows7」になってしまうを、「Windows XP」に変更できますし、起動するタイミング(秒数)も指定できますので、通常、XPを起動して使用している場合など大変便利です。


Change Settingsの画面
EasyBDC.png 

機能
 画面左側のボタンで、設定画面の表示内容を切り替えられる仕組み。
 BCDストアをファイルにバックアップ・復元する機能も備えているます。

<Change Settings ボタン>
・標準では30秒に設定されているOS選択の待ち時間や、初期状態で選択されるOSを変更可能。
・OS選択画面で表示されるOSの表示名も編集可能。

<Add/Remove Entries ボタン>
・「Windows ブートマネージャ」のOS選択画面に表示されるリスト項目を並び替え可能。
・LinuxなどWindows以外のOSをブートローダーに追加することも可能。
 色々なOSの起動を、「Windows ブートマネージャー」で管理可能。

注意事項
 「BCDストア」を編集する際は、バックアップを取っておいたほうが、無難です。
 (失敗すると、Windowsが全部、起動しなくなります)


対応OS
 Windows XP、Vista、7

使用環境
 XPでも起動しますが、Windows Vista以降に搭載されたブートローダーを編集するソフトですので、Vista以降のOSが、1つ入っていないと使えないと思います。

補足
 「Windows XP」以前のOSでは、「BOOT.INI」というテキストファイルを編集することで、起動OSの優先順を入れ替えることが可能です。

 「EasyBCD」の日本語化パッチは、探しても「無い」ですよ。

・ダウンロードサイト
 http://neosmart.net/

関連記事
1)「Windows ブートマネージャ(Bootmgr)」の設定をカスタマイズできる「EasyBCD」v2.0が公開(2010年7月)

「BCD」を編集することが可能なフリーソフトもう1本紹介するなら、下記の記事をどうぞ。
VistaとXPをデュアルブートする「VistaBootPRO」


1)フリーで使えるPCメンテナンスソフト「Advanced SystemCare Free」(2009年5月)
2)
アプリケーションの起動を制御するフリーソフト「AppLocker」(2009年4月)
3)
フリーの高機能デフラグツール「Quicksys DiskDefrag」 (2009年3月)
4)
Windows標準のタスクマネージャー機能を拡張した「Free Extended Task Manager」 (2009年1月)
5)
残骸レジストリを削除する、レジストリクリーナー「Final Uninstaller」2008年11月)
6)
市販のデフラグソフトにも劣らない機能のフリーのデフラグソフト「Smart Defrag」(2008年9月)
7)
「デフラグ」とフリーのデフラグツール まとめ

Sponsored Links

関連タグ : ブートマネージャー,