ブログ、ホームページ作成に役に立つ情報、フリーソフト情報、企業や個人のIT活用を支援する為のパソコン講座を掲載します。

Sponsored Links

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月28日、
Amazonが、Androidタブレット「Kindle Fire」を発表しました。

 価格は、なんと!199ドルです。  「iPad」は499ドル~ ですので。。。。半分以下の価格です。

 ついに、Appleが、恐れていた端末をアマゾンが出してきました。

 これが、コンテンツを持たないメーカーが販売してきても、Appleにとっては「ふーん」で終わるでしょうが、書籍から映像まで幅広いコンテンツを持った企業が、低価格な端末をリリースすると、ちょっと危ないですね。

 アマゾンにしてみれば、端末料金(タブレット)で儲けようとは思っていない、自分の持っている膨大なコンテンツを端末を普及させて売ったほうが、はるかに利益になる。。と云うもくろみがあります。 成功するか。。。。

 Appleにとっては、こんな会社が一番怖いのです。  低価格競争になれば、利益は薄くなるし、膨大なコンテンツを持っている会社が、断然有利ですから。。。

 それにしても、もったいない。。。 日本の場合、出版業界が絡んでいるから、日本語で読める書籍が少ない。

 今、日本の「出版業界」は必死に抵抗していますが、「レコード業界」がAppleにやられた様にレーベルが没落していった様に出版業界も改革、自然淘汰が進んで行けば、Apple Storeやアマゾンのサイトで、様々な日本語の書籍が購入できる日が来るのでは。。と密かに考えているのですが。。

 でも、紙の書籍はなくならないと思います。。。紙で読みたい書籍も沢山ありますよね。

 私の場合は、技術資料、マニュアルなどは、ePUBやPDFファイルに変換して、「iPad」に入れて参照する目的で使いますが、文庫本などは、カバンの中に1、2冊入れておいても邪魔になりませんので、いつも持ち歩いて読んでいます。

 日本語の書籍が、電子書籍で沢山読めるようになれば、「電子書籍」専用端末を1台欲しいと思いますが、、今のところは、色々できるタブレット端末が無難ではないでしょうか。。。私がアメリカ人なら「Kindle Touch」のような専用端末をすぐに購入します。

Kindle_Fire_001.png

機能
カメラ、マイク、3G無線アクセスなど、タブレットに見られる他の一般的な機能の多くが搭載されていません。
・クラウドを利用した無料のデータ保存サービスを提供(ストレージ容量も8Gバイトしかない)
・「アマゾン・シルク」と呼ばれる新たなインターネットブラウザーを搭載。
・メールもできます。

 Kindleのフォーマットは、「AZW」と云う専用の形式ですが、「Kindleアプリケーション」を利用すると様々な環境で読むことができます。

・アマゾン Kindle Fire サイト
 http://www.amazon.com/dp/B0051VVOB2

その他の新端末
・6型の電子ペーパーを搭載した新型「Kindle」(79ドル)
・タッチパネルの機能を加えた「Kindle Touch」(99ドル)、3G回線の通信機能を加えた「Kindle Touch 3G」(149ドル)。



--関連記事--
1)BenQが、Android搭載の10.1型電子書籍端末「R100」を発表(2011年6月)
2)auとドコモのタブレットPC(2011年4月)
3)タブレット端末いろいろ(2010年11月)
4)シャープが、iPad対抗のタブレット電子書籍リーダー「GALAPAGOS(ガラパゴス)」を発売へ(2010年11月)
5)KDDI(au)、沖縄セルラーが、Androidスマートフォン「IS03」を11月下旬以降、発売(2010年10月)
6)モバイル、「スマートフォン」最新情報 KDDI(AU)編(2010年10月)
7)オンキヨーが、Androidでなく「Windows 7」搭載のスレートPC「ONKYO TWシリーズ」3モデルを発表(2010年10月)
8)電子書籍と電子書籍リーダーのニュース(2010年7月)
9)「電子書籍リーダー」いろいろ(2010年7月)

Sponsored Links

スポンサーサイト

関連タグ : 電子書籍,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。