ブログ、ホームページ作成に役に立つ情報、フリーソフト情報、企業や個人のIT活用を支援する為のパソコン講座を掲載します。

Sponsored Links

4月24日、
マイクロソフト社が、 「SkyDrive」の新アプリとサービスを発表しました。

 Googleの「Google Drive」とほぼ同じタイミングで発表されましたので、「SkyDrive」を忘れるところでした。


SkyDrive」は、Officeの「OneNote」で収集した情報を自動的に SkyDrive に保存して同期し、携帯電話、スマートフォン、PC、または Web ブラウザーから使用することができます。

 他の端末用は無料でダウンロードして使用することができますが、PC版のMicrosoft OneNote は、有料のアプリケーションですが、1本あると便利です。
SkyDrive

1)Windows デスクトップ用 SkyDrive (プレビュー版)
 Windows 8、 7、Vista の Windows エクスプローラーから、直接ユーザー個人の SkyDrive を表示/管理できる新しいプレビュー版アプリがリリース。

2)SkyDrive.com 経由のファイル取得
 
SkyDrive プレビュー版アプリを実行しているリモート PC のファイルに簡単にアクセスし、ファイルをブラウズして、ストリーミングできます。SkyDrive.com 経由でどこからでもファイルを取得できるようになりました。

3)使用料
従来、25GBまで無料だったが、無料で利用できるのは7GBまでです。
・800円/年で20GB
・2000円/年で50GB
・4000円/年で100GBを追加可能

4)他デバイス向けSkyDriveアプリの強化
・FinderからSkyDriveを利用可能な『SkyDrive for Mac』(MAC OS X Lion対応、プレビュー版)
・SkyDrive for スマートフォン(Windows Phone)、SkyDrive for スマートフォン(iPhoneおよびiPad)



SkyDriveの既存ユーザーは、「無料アップグレード!」を選択すると、ストレージ容量は従来どおり25GB利用可能です。
SkyDrive_003.png


SkyDrive アプリ  ダウンロード
 https://apps.live.com/skydrive

--関連記事--
1)Microsoft社が、オンラインストレージ「Windows Live SkyDrive」の日本語版をリリース(2008年2月)
2)Googleが、オンラインストレージサービス「Google Drive」を公開(2012年4月)
3)Evernote(エバーノート)の使い方+活用方法(2011年1月)
4)NAVERが、無料オンラインストレージ「Nドライブ」のiPhoneアプリ公開(2010年7月)
5)ヤフー(株)が、5GBまで無償で利用できるオンラインストレージサービス「Yahoo!ボックス」を公開(2011年10月)

Sponsored Links

関連タグ : SkyDrive, オンラインストレージ,