Windows Vista 7 の便利な機能 その1

ここでは、「Windows Vista 7 の便利な機能 その1」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

  本日は、Windows Vista、7 標準の便利な機能(アプリケーション)を紹介します。

 ブログを書くときに、非常に便利な機能ですので、活用してみてください。

 最近、Windows7の入ったパソコンを1台仕入れましたので、 XPより7を使う機会が多くなりました。

 と云うより、仕事(アプリケーションの開発)で使用する以外は、ほぼ「Windows7」のマシンを使用しています。

 しかし、当ブログサイトを閲覧されている方のOSをチェックすると まだまだXPを使用している方が多いのですが、「Windows7」に乗り換えると便利な機能がたくさんありますので、そろそろ乗り換えを考えてはいかがでしょうか?

fc2_os_.png

 XPやVistaを何とか、サポートの切れるまで、使えるように、改善策を色々と当サイトに記載して、皆さんに閲覧されていますが。。。。

 正直、たまたま「Windows7」がサクサク動作するマシンを手に入れて、あれこれ「いじる」のもある意味、楽しみの1つですが。。。。小細工せずに、「活用」することだけに集中できるマシンが一番ですね。

 「道具」を調整するのに時間がとられるのは、ちょっと、「時間がもったいないなー」と感じます。

 そういう意味では、Appleの「mac」なんかも、道具として、Windowsマシンより使いやすいのではと思います。

 何だか、マイクロソフト社やApple社の回し者の様になってしまっておりますが。。。違いますよ。 

 本来、時間を節約するために、パソコンと云う「道具」を使用していますが、古いマシンを我慢して、調整しながら使用するより、性能の高いマシンでOSを使用する方が、より一層「時間」の節約ができますので、結果的にパソコンにしがみついている時間が少なくなり、何か別なことに使用できる時間ができます。
 
 お金がかかると云う「考え方」もありますが、「時間」をコストに入れると、そんなに「高い」買い物ではないように思います。
 要は、どれだけ「活用」できているかの、その人の「価値感」、「能力」だと思いますが、どうでしょうか?

 マイクロソフト社とApple社が Windowsの方がいい、MAC方だ  と「ほざいて」いますが、もっと「ましな」宣伝できないのでしょうか?

 パソコンは、ただの「道具」です。 

 使う人の「能力」以上の事は何一つできません! 。。。だからパソコンを使う以前の能力を「磨け」 と。。

 言えないよなー。。。。。


 前置きが長くなりましたが、いよいよ、本題に入ります。

 「Snipping Tool」と云います。
 その活用方法をご紹介します。Vistaや7を使用すると、特にブログを書くときに便利です。
 今までフリー、有料で使用していた、画像処理系のアプリケーションを使用せずに、画像を簡単にアップできます。

 snipping_003.png

機能
・コメント機能
 キャプチャした画像にコメントを追加できますし、ペンの色、更幅、角型か丸型のペンにするか、変更可能です。
・「消しゴム」機能
「消しゴム」をクリックするとマウスポインタが消しゴムの形になりますので、書いたものは、ドラッグして、消すことができます。
・切り取った画像をメールで送ることも可能です。


 「Snipping Tool」 は、画像のキャプチャをとるツールで、Windows Vistaや7 のアクセサリに入っています。
 しかし、 VistaのHome Basic には、残念ですがこのツールは入っていません。

 Home Basic 以外のエディションなのに「アクセサリ」にない場合は、次の操作を実行します。

1)「スタートボタン」をクリックし、「コントロールパネル」をクリックして表示。
2)「プログラム」をクリック。
3)「プログラムと機能」のグループにある「Windows の機能の有効化または無効化」をクリック。
4)「Windows の機能」ウィンドウが表示されたら、「Tablet PC オプション コンポーネント」にチェックをいれて、「OK」 をクリックする。

 起動方法は、[スタート]->[すべてのプログラム]->[アクセサリ]->[Snnipping Tool]をクリックします。

使い方
 起動すると、新規作成となっていて、マウスポインタが十字になっています。
 「キャプチャする領域の周りにカーソルをドラッグしてください」と表示されていますので、自分で使いたい画面個所を斜めにドラッグし、切り取ります。デフォルトの設定では、四角に囲む状態で切り取ります。
 尚、自分でドラッグした形で切り取る、「自由形式の切り取り」などに変更できます。

 後は、名前を付けて、保存場所を決めて、画像のファイルタイプをしてして保存するだけです。

使い方補足
 アプリケーションのメニューバーのメニューなどのドロップダウンメニューのキャプチャの仕方
1)[新規作成]をクリックすると、背面が白くなりメニューバーをクリックすることができなくなります。
  そこで、一旦「Esc」キーを押して解除します。

2)メニューバーを開き、キャプチャしたい画面の状態にしたら、「Ctrl」キーを押しながら「PrintScreen」キーを押します。これで、ドラッグで切り取ることができます。

-Windows 7 関連記事
1)Microsoft社が、Windows 7用「Windows XP Mode」と「Virtual PC」をリース(2009年10月)
2)Windows 7 がインストール可能かどうかを確認できる「Windows 7 Upgrade Advisor」がリリース(2009年10月)
3)ベクターが、「Windows 7」アプリケーション動作報告リストを公開(2009年8月)
4)マイクロソフト社が、日本市場における Windows 7 パッケージ製品の構成、参考価

関連記事
1)Microsoft社の無料のウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」をインストールしてみました。
2)マイクロソフトが、「Microsoft Office 2010」のβ版を一般公開しました。
3)マイクロソフトのXP/Vista/7絡みのパッチ2本とツールがリリースされています。

画像処理 関連記事
1)フェンリルが、ペイントソフトの最新版「PictBear 2.0」正式版をリリース(2009年3月)
2)壁紙・ガジェット・スクリーンセーバーを自動生成する「PhotoJoy」(2009年1月)
3)画像を自動認識して検索できる画像管理ソフト「photology」がフリーソフトになりました。(2008年11月)
4)ソニーが、時間軸上で写真を移動させながら表示して楽しめる「x-Chronology」をリリース(2008年9月)
5)デジカメで撮影した大きいファイルサイズの画像を、より小さく高品質な画像にする「PhotoRazor」(2008年9月)
6)ドロー(Draw)系の画像処理フリーソフト
7)Adobeが、オンラインで画像編集できる「Photoshop Express」をリリース
8)USBメモリーに格納して使える、「フリーソフト」 まとめ
9)Windows用画像編集ソフト「Paint.net(ペイントネット)」V3.22 リリース
10)画像の加工ができるWebサービス(オンライン画像処理)
11)画像関係のフリーソフトについて
12)画像・動画キャプチャー系の無料で使えるソフト 3本+1本
13)Googleが、「Picasa Web Albums」と写真編集・管理ソフト「Picasa」3.1の正式版を公開

CAD 関連記事
1)シーメンス社、無償の二次元CADソフト「Solid Edge 2D Drafting」
2)フリーのCADソフト まとめ

ホームページ作成 関連記事
・第1回 ホームページ作成講座 、「初めに知っておきたい知識」
 http://weba03.blog96.fc2.com/blog-entry-198.html

第2回 ホームページ作成講座 サービスとソフト

・Google 「ウエブマスター ツール」について
 http://weba03.blog96.fc2.com/blog-entry-137.html

・Googleのアクセス解析ツール 「Analytics」

 http://weba03.blog96.fc2.com/blog-entry-128.html

Sponsored Links

関連記事

関連タグ : 画面キャプチャー,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/1014-f87f4856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック