「iPhone」とAndroid端末どこが違うの?

ここでは、「「iPhone」とAndroid端末どこが違うの?」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「iPhone」とAndroid端末どこが違うの?

今日、帰りの電車の中で、面白い記事を見つけました。 まず、読んでみて下さい。

ホリエモンなぜ「iPhone」持ち上げるのか Android こき下ろしにユーザー反発。
 http://www.j-cast.com/s/2014/01/27195181.html

 
 「ホリエモン」の言っている事も、間違いではないように思います。
 だだ、論点を「Android」がダメという所に持ってゆくのは、どうなのか?。。。と思うのですが。


AppleとGoogleの違い

その一、
 Appleの「iPhone」とGoogleが無償で提供しているAndroidと云うOS上に乗っかった端末とアプリ。
 この時点で、作り込みの時点で、違うでしょう。

 Appleの「iPhone」の方が、有利なのは、分かりますよね。 だって、OSも端末も全部、自社で設計しているのですから。

もし、考えているとしたら、「頭脳」の差があったとしても、「お金」さえ持っていれば、高価ですが、楽しく使いこなせるましますので、使ってください。。。というスタンスです。



その二、
 それから、AppleとGoogleの違いも、私が、散々、言っていますので、分かりますよね。
 つまり、Appleは、圧倒的多数の使いこなせないだろう人間たちの事を考えて、物つくりしています。
 使いこなせる人達は、少数ですので、この使いこなせもしないだろう人たちを取り込めば、売れる! と確信しているのです。

 しかし、Googleは、多分、そんなことは考えていない。

 もし、考えているとしたら、「貧富」の差があったとしても、使いこなせる方、どうぞ、安く提供しますので、使ってください。。。というスタンスです。


 どっちが良いとか、言っているのではありません。
 AppleとGoogle、どちらのユーザーの数が多いか、みなさん見当つきますよね?
 (日本の場合、キャリアが、端末をタダ同然で配っているので、このパターンに、当てはまらないが。。。)


もっとも、大事な部分
 IDC Japanが実施した調査結果の日本でのスマートフォン普及率49.8%という数値に「スマホ後進国。。。」

 日本って、こんな国なんですよ。 本当に。
 通常、その国の経済状態が良くなれば、パソコンの所有率も上がるのですが、日本は、なぜか? 65%程度で頭打ちなのです。

 私が仕事で訪問する会社の社員でも、社内でパソコンのアプリを業務で使用していても、家にパソコン無い人。。。たくさんいます。
 間違っても、「貧乏」でパソコンが買えないのではないのですよ。

 それが、何か? 状態です。  こんなレベルなんです。


 こんな人が、パソコンを小さくしたスマートフォンなんか、必要ないでしょう。

 「猫に小判」、「豚に真珠」でしょう。

 ガラケーで何が悪い。。。。十分でしょう。 
こんなレベルなんですから。。。。。

 むしろ、その気にさせて、使えない端末を売る方が、どうか? と思うのですが。。。


情弱(じょうじゃく)とは、
元々「情報弱者」の略称だったはずですが、この意味で使われることは少なく、ネット上などでは別の意味で用いられることが多い。「インターネットスラング」として、「蔑称」として使われることが、多いのですが、もっとちゃんと、云えばいいんです。 


それよりも、世の中、「デジタルデバイド」が進むと言われていますが違います。 元々、「アナログデバイド」がコンピュータが発達するにつれ、目立ってきただけです。

 世の中の「不都合な真実」が、見えやすく、分かりやすく、なっただけですが。。。。

参考記事
「デジタルデバイド」ではなく、「アナログデバイド」について
中小企業、零細企業でIT化が進まない訳と留意点

スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、どうやって使いこなす。(2012年1月)
スマートフォンを「使いこなせる人」と、「使いこなせない人」の不都合な真実(2011年2月)


 白物家電の場合、「みんなこれを使えば便利になりますよ」って言えるでしょうが、
 パソコンや、スマートフォン、タブレットと云う道具は、「使う人の能力以上の事は何一つできない道具なのです」。

 もっと分かり易く云えば、「バカ」には使いこなせない道具なだけです。 バカを解消するのは、その人次第です。

 小泉内閣の時、郵政民営化を勧めようとしたとき、国民を「知能が高くて反対している人」、「知能が低くて賛成してくれる人:B層」
 このB層にターゲットを絞って演説して訴えているのです。
参考サイト
 http://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/20051030
 http://deztec.jp/x/05/09/el/

 確かに、「知能」の低い人は存在しますが、これは、生まれつきですので、私が、どうこう言う問題ではありません。

 問題は、私の言っている「バカ」の存在です。
 これは、育ちの悪さでもなく、貧富の差でもないように思います。 育ちが悪くなくても、貧富の差で云えば、貧乏でなくても、多いのです。

私の言っている「バカ」とは
 バカ、バカと耳障りな言葉を使用していますが、私の言っている「バカ」とは、決して「知能」の低い人の事ではありません。  遺伝子的に「知能」が低いのは、その方のせいではありません。
 生まれ持ったものですから、私が指摘する事ではありませんし、そこまで「傲慢」ではありません。


 問題は「
知能指数」は、通常のものを持っているにもかかわれず、毎日、毎日、仕事して、家に帰り、風呂に入って、酒飲んで、飯食って、テレビを観て「バカ笑い」して、寝るだけの生活を送っている奴です。

 年に1冊の書籍も購入しない、読みもしない、新聞も「テレビ番組」欄しか見ない生活をしている奴。

 
たまに、「腐れ生意気」なことを云うが、全部テレビの「受け売り」をしゃべっている「偉そうな奴。

 明らかに、「不都合な真実」を背負って生きているのが見え見えなのに、他人には「ばれていない」と思っている奴。



 そうです。 Appleは、このような人達を取り込むのが、非常にうまいのです。 
 世の中、そんな状態なのを、とっくに理解しているからです。  そこがGoogleやマイクロソフトとの違いです。


 日本のキャリアが、コマーシャルで吉永小百合さんを引っ張り出して、年齢の高い、おじさん、おばさんにスマホを何とか、買わせようと云う、イメージ戦略。  誰が買うか。。。

 終いには、「学生の気持ちを理解する為に、ランドセルをしょって街へ出よう?」
 バカ。。。「小学生」は学生じゃない。 学童、児童だ。

 めちゃくちゃなのに、おかしいとも思わなない。。。。。 終わっている。

これも面白い2チャンネタです
タブレット、スマホ、pcの3つを持ってる奴こい
 「どう使い分ける」だけで、「どう使いこなす」が無い。。。。「不都合な真実」


 もう一つ、
 世の中、支配する側の人間は、絶対、私が言う様な事は、口が裂けても言いません。
 なぜなら、そのままでいてくれた方が、都合が良いからです。 支配しやすいからです。

 私は、支配する側の人間ではありませんので、何度でも言えます。 その「バカ」何とかなんないの? と。。。

 何とかすれば、「iPhone」とAndroid端末が、どこが違っていようが、ちゃんと「活用」できるはずですが。。。。


Sponsored Links

関連記事

関連タグ : スマートフォン,

コメント
この記事へのコメント
早速、コメントを寄せて下さった方がいました。

コメントありがとうございます。
自分で付けたタイトルから、私の方が論点から、だいぶかけ離れてしまっています。

 ですが、最後に、私が言いたかった事は、「iPhone」とAndroid端末が、どこが違っていようが、ちゃんと「活用」できれば、本当はどちらでも良いんではないか。。。。という事なんです。

 私は両方の端末を使用した経験からすると、確かに、iPhoneの方が、簡単で、ちょっとだけ安全なように思います。 iPhone、iPad、MacBook Airと3台使用していると、iCloudでの連携も、確かに助かります。便利です。AppleTVが有ると、映画をレンタルしたり、端末でもレンタルした映画も見ることができますし便利です。

 Android端末の利用期間はiPhoneより短いのですが、使いにくいと云うか。。。慣れれば、アプリも、私の使用しているアプリは、iOS、Android両方の端末でも使えるアプリですし、そんなに使い勝手が違うほどのアプリは有りません。

 ただ、メールアプリなどは、iPhoneのメールアプリが最高です。 使い慣れているせいも有りますが。。。。
本家、GoogleのGmailアプリをダウンロードして使用してみましたが。。。。すぐ止めました。

 断然、iPhoneのメールアプリが使いやすいのです。なんせ、一日に「Googleアラート」から、スレットにまとまっていても約300件以上のメールが届きますので、これをチェックするのはiPhoneのメールアプリが一番使いやすい。

使い方はこうです。
 1件メールを開いて、興味のある記事内容なら、リンクから、Safari(ブラウザ)を起動して、更に、取っておきたいページなら、メールを起動して、自分あてにメールを送信します。
 これを300件チェックしながら、実施します。 結果、自分あてに再送したメールのみ(全体の20%~30%くらいになります)、家に帰ってから、パソコンのブラウザで閲覧します。 そして、掲載したい内容なら、ブログにまとめます。

 まあ慣れも有りますが、見やすいし、見終わったら、すぐに、全部削除するのですが、大量に削除するのも、簡単に、選択して、バサッと削除できますので、とにかく使いやすいのです。

 これが、本家の「Gmailアプリ」だと。。。。ちょっともたつくのです。

 電子書籍も電子書籍ストアから購入したのは、10冊弱くらいですね。 あとは、会社のプリンターでスキャンして、PDFファイルに変換して、端末に格納して見ています。
 自分の読みたい、興味のある、自然科学系の書籍が、ストアにほとんど無いので。。。自炊します。1冊500ページ位の書籍を10冊以上、タブレット端末(iPad)に格納して読んでいます。

 こんな時は、Android端末の方が便利ですね。会社のパソコンでPDFファイルに変換してすぐ格納できますので。 iPadだとiTunesが無いと格納できませんので、一旦、USBに格納して、家に持ち帰り、iPadに入れます。


「ホリエモン」が、どんな使い方、どんな活用の仕方をしているか、私には分かりませんが、やはり、自分にとってどれだけ、使いやすく、活用できるか、どうかだと思います。

 端末も、日本の場合、本体価格、ほぼ0円でiPhoneが持ててしまいます。
 海外では、日本みたいな、醜いキャリアの顧客の抱え込み販売はしていないので、端末価格の安い、Androidのシェアの方が多いのでしょうね。

 それは、現金をほとんど持っていなくても、お店で契約すれば、月々5,6千円で端末が所有できますので、Android端末より、みんなが持ってるかっこいい「iPhone」が欲しくなりますよね。


 だから、本当は、どちらでもいいと思います。

 問題は、せっかくガラケーからスマートフォンを所有して、月々、5千円から8千円位の料金を支払っているのですから、元をどうやって取るかです。。。そうじゃないと、毎月、「金」をドブにしてているようなもんです。

 みんな、ここの部分には触れないんです? 

 まあ、「どう使おうが、私の勝手」と云うでしょうが。。。。。
 iPhoneもAndroid端末も、だだの「暇つぶし」の道具。。。。じゃないですか? もったいない。

 どう、使い分けるか。。よりも、どう使いこなすか、どう活用するか。。。ここを「切磋琢磨」しましょうと願うのです。 語るなら、ここを語りましょうと云う事です。

 影響力のある人物がiphoneを勧めようが、何しようが、自分で使って、活用できれば、なんでもいいんですよ。 自分自身で「判断」できるはずですので。  判断する能力も無い人も、中にはいますが。。。

 この先、SIMロックフリーの端末で、あまりデータ通信を使用しない人であれば、安いAndroid端末で、月々千円位のSIMで端末を使えるのです。 これは、海外では当たり前の使い方です。

 このように、「経済的な状況」、「使いこなせる能力」に応じて、選択肢が増えれば、毎月、バカ高い料金をキャリアに支払わなくても、スマホを持てる時代が来ています。

 日本のキャリア(土管屋)の思惑に、嵌らないように、賢く、スマホを使いこなす人たちが、多くなれば、Goodだなーと考えています。  それで、収益が落ちて、結果、1社くらい潰れても、何の問題も無い。

 「猫にスマホ」。。。「豚にタブレット」とならないようにするには、どうしたら良いのか。。。
 ここが、一番の問題なのです。

 日本のキャリアは、「猫にスマホ」、「豚にタブレット」を売りつけるのがうまいですよ。。。。

2014/01/29(水) 01:25 | URL | GT #-[ 編集]
1.iphoneはipodからのブランド戦略で売りだしたスマートフォン端末。使う側のことなど考えてはいない。ただ「オシャレでしょ?買って下さい」の戦略が成功しただけ。日本人はブランド戦略に弱いからね。実際にもappleの生まれ故郷のアメリカですらようやく50%を超える程度のシェアしか持たず、世界では30%前後にしかなっていない。(引用: http://itstrike.biz/apple/3364/)
iphoneの全ての機能を使いこなせるユーザー等極一部だし、最低限の機能を「使いこなせる」ことで言えばandroidも大差ない。 iphoneの特徴は高い、オシャレ、中身はandroidと変わらない、強いてあげるなら基本的に機種数が限られており誰でも選びやすい(=選択肢がない)、アプリの審査が厳しい(=質の高い物が多い)。
androidは無償OSで動いているため、その分コストカットができる。当然安い。

2.じゃあ違いは?どっちを選べばいいの?って話になると答えは自ずとandroidになる。
iphoneには「オシャレだから」という利点以外ないから選ぶメリットがない。母艦であるPCとの連携もandroidの方がメリットがあることの方が多い。(iphoneはitunes等のインストールが必須な場合が少なからずある)
「オシャレだから」に数万払えるような経済力のある人はiphoneを選べば良い。ただし、影響力のある人物がiphoneを勧めるのはどうかと考える。
2014/01/28(火) 02:43 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2268-43ba2c09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。