Microsoft社が、Android版および、iOS版の「Microsoft Office for iPad」を無償公開

ここでは、「Microsoft社が、Android版および、iOS版の「Microsoft Office for iPad」を無償公開」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

3月27日(現地時間)、
Microsoft社が、Android版および、 iPad版の「Microsoft Office for iPad」を無償公開しました。

iPad用のOfficeアプリ「Office for iPad」で、「Word」、「Excel」、「PowerPoint」が利用可能(閲覧・表示のみ、編集不可)です。
日本語もサポートしているが、日本ではまだ未公開です。

Officeは、Microsoftの大事な収入源ですので、他のプラットフォームで無償で全機能を使わせる訳も無く、とりあえず、閲覧だけはできるようにして、文章を作成・編集したければ、お金を支払って、Office 365 サービスのサブスクリプション契約をして下さいね。。。。。です。

iPad版は、Adobeの「PDFリーダー」みたいなものです。 ビューワーアプリですね。  Microsofは、0.1mm前進しましたね。

Office Mobile Office Mobile

・iPad版の日本語版はまだ、リリースされていません。
 iOS 7以降を搭載のiPadに対応。
 閲覧・表示のみで、編集不可。編集やドキュメント作成などの機能を利用するには、Office 365 サービスのサブスクリプション契約が必要です。


補足説明
 iPad版公開に合わせて、 iPhone版とAndroid版の「Office Mobile for Office 365 subscribers」が、「Office Mobile」に変わり、Office 365サブスクリプションなしで、閲覧だけでなく編集も可能になった。
  Word、Excel、PowerPoint のドキュメントに簡単な編集を行えます。

・Microsoft Office Mobile (iTunes サイト)
 https://itunes.apple.com/jp/app/microsoft-office-mobile/id541164041?mt=8

・Microsoft Office Mobile (Google Play サイト)
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.officehub&hl=ja
 Android 4.0以上のスマートフォンで利用可能です。


--SkyDrive 関連記事--
Microsoft社が、WEBブラウザから利用できる無料Officeの「Office Online」を発表(2014年2月)
Microsoftが、オンラインストレージサービス「SkyDrive」を「OneDrive」へ改称し、新機能を追加したことを発表(2014年2月)
Microsoftが、クラウドストレージサービスのAndroid版「SkyDrive」をリリース(2012年8月)
Microsoft社が、オンラインストレージ「Windows Live SkyDrive」の日本語版をリリース(2012年4月)
マイクロソフト社が、SkyDriveの新アプリとサービスを発表(2012年4月)

Sponsored Links

関連記事

関連タグ : Office,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2301-e5c7eddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック