エディオンが、データ通信費・通話料金と本体機種代金込みで月額1934円から利用できる「エディオンセレクト スマートフォン」を、1000台限定で発売

ここでは、「エディオンが、データ通信費・通話料金と本体機種代金込みで月額1934円から利用できる「エディオンセレクト スマートフォン」を、1000台限定で発売」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

5月1日(木)、
エディオンが、データ通信費・通話料金と本体機種代金込みで月額1,934円から利用できる「エディオンセレクト スマートフォン」を、取り扱い店舗合計1,000台限定で発売です。


エディオン

月額料金 1,934円の内訳
・データ通信サービス「OCN モバイルONE」の1日50MBコースが月額972円
・音声通話サービス「050 plus」が月額162円
・Covia(コヴィア)製のAndroid搭載スマートフォン「Flea Phone CPF03A」が月額800円×24回
※初回SIMカード購入時に、3,240円(税込)が別途必要となります。


・OCN モバイル ONE(SIMカードを月額972円から)
http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

・Covia(コヴィア)製のAndroid搭載スマートフォン「Flea Phone CPF03A
http://www.covia.net/product-cpf03a.html
<「CP-F03a」の特徴>
WCDMA規格SIMスロットを2基(標準SIMスロット×1、microSIMスロット×1)搭載した「デュアルSIM」仕様を実現。
本体に2種類のSIMをセットすることが可能で、メニューから簡単に切り替えて利用可能。


・エディオン サイト
http://www.edion.co.jp/

--関連記事--
格安SIMと格安スマホで、料金が節約できます。。。などと言っても、流行らない訳。(2014年5月)
ソネット(So-net) が、高速データ通信サービスを利用できるプリペイド式SIMカード『Prepaid LTE SIM』の提供を4月22日より開始すると発表(2014年4月)
ドコモ新料金プランが発表されましたが、さて、国内音声通話の完全定額化になっていますが、どうなんでしょうか? (2014年4月)
日本のスマートフォンの料金は、いつになったら「まともな価格」になるのだろうか?  第二弾 (2014年3月)
日本のスマートフォンの料金は、いつになったら「まともな価格」になるのだろうか?(2014年3月)
これから、スマートフォンの低価格化が進むか?(2014年3月)
格安SIMでスマホの料金を安くすることができるか?。。です。(2014年2月)
スマホに、なんで? 月に5,000円以上料金を支払わなければならないのか?(2014年1月)

Sponsored Links

関連記事

関連タグ : 格安SIM,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2330-48d482de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック