プラスワン・マーケティング株式会社が、Android搭載のSIMフリースマートフォン、「freetel(フリーテル)」の新ラインナップの展開を開始

ここでは、「プラスワン・マーケティング株式会社が、Android搭載のSIMフリースマートフォン、「freetel(フリーテル)」の新ラインナップの展開を開始」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

5月13日、
プラスワン・マーケティング株式会社が、Android搭載のSIMフリースマートフォン、「freetel(フリーテル)」の新ラインナップの展開を開始する。

プラスワン・マーケティング株式会社は、2013年11月より、日本国内において、もっとSIMフリースマートフォンを普及させ、通信費の大幅削減を実現することを目的として、「freetel(フリーテル)」というSIMフリースマートフォンのブランドを立ち上げた会社です。

新しい会社ですので、今後の製品展開、顧客対応、顧客ニーズ発掘など、長く存続できるかどうか、楽しみでもあります。

新しくラインナップに加わる3点は、「freetel Priori(フリーテル プリオリ)」、「freetel Nico(フリーテル ニコ)」、「freetel LTE XM(仮) (フリーテル LTE XM)」ですが、タブレットやガラケーも有ります。

freetel

1) 「freetel Priori(フリーテル プリオリ)」  店頭想定価格9,800円(税抜)  店頭発売予定日:2014年6月

日本最安値クラスの、3.5インチ画面のSIMフリースマートフォン(搭載 OS:Android4.1.2)です。
実質利用料金は、月額1,088円からと、これまでにない低価格を実現。
スマートフォンを使用したことのない方や、お子様にも気軽に使用できます。
カラーはブラック、ホワイト、シャンパンゴールド、ルビーレッドの4種類。

2) 「freetel Nico(フリーテル ニコ)」 店頭想定価格17,800円(税抜)  店頭発売予定日:2014年7月
大画面5インチ、クアッドコアプロセッサ 1.2GHz、3G,3GのDual SIMを採用。
SIMフリースマートフォンとしては珍しい、OSはAndroid4.4 Kit Katを搭載したモデル。
FOMAプラスエリアにも対応。 カラーはブラックとホワイト。

3) 「freetel LTE XM(仮) (フリーテル LTE XM)」  店頭想定価格27,000円前後  店頭発売予定日:2014年7月
高速通信LTEに対応、LTE対応の格安SIMカードの性能をフルに発揮することが可能。
5.0インチの大画面を持ち、クアッドコアプロセッサ 1.2GHzを採用。
3GではFOMAプラスエリアにも対応しており、どんなときでも快適な使用感を実現。
カラーはブラック、ホワイト、シャンパンゴールドの3種類。

4)SIMフリーフィーチャーフォン「freetel Simple(フリーテル シンプル)」 店頭想定価格5,000円前後、店頭発売は8月から
国内では珍しい格安のSIMフリーフィーチャーフォンです。

5)LTEポケットWiFiルーター「freetel LTE Pocket WiFi(仮)」 店頭想定価格20,000円前後、店頭発売は7月から
LTE対応で、大容量バッテリーを搭載した、WiFiポケットルーターです。


・freetel(フリーテル) サイト
 http://www.freetel.jp/fulllineup/index.html

--関連記事--
イーモバイルが、「STREAM X GL07S」の機種代金込で月額2520円で使えるキャンペーンを開始(2014年5月)
エディオンが、データ通信費・通話料金と本体機種代金込みで月額1934円から利用できる「エディオンセレクト スマートフォン」を、1000台限定で発売(2014年5月)
ソネット(So-net) が、高速データ通信サービスを利用できるプリペイド式SIMカード『Prepaid LTE SIM』の提供を4月22日より開始すると発表(2014年4月)

Sponsored Links

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2344-6775275a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック