ケイ・オプティコムが、auの回線を利用したMVNO SIMサービス「mineo(マイネオ)」の提供を6月3日より開始すると発表

ここでは、「ケイ・オプティコムが、auの回線を利用したMVNO SIMサービス「mineo(マイネオ)」の提供を6月3日より開始すると発表」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

5月14日、
ケイ・オプティコムが、auのLETを利用したMVNO SIMサービス「mineo(マイネオ)」の提供を6月3日より開始すると発表しました。

 いよいよ、ドコモだけでなく、au(KDDI)も回線貸出事業に参入です。

 大きな特徴は、高速データ通信SIMカード、音声通話機能、対応端末の3つの機能を選択して利用できることです。



mineo


1)データ通信(1Gバイトまで)

 au の4G LTE網を利用し、高速LTE通信を月額980円(税別)で利用可能な「シングルタイプ」

2)音声通話機能

  「090」番号の使える音声通話機能付きSIMカードは月額1,590円で利用可能な「デュアルタイプ」
  通話料金は、キャリアが提供する音声通話サービスと同じ21.6円/30秒

3)対応端末
  京セラ製のAndroid 4.2搭載「DIGNO M」を月額2,000円(24カ月分割)で販売する。

  約5.0インチTFT液晶(FHD)、OS:Android™ 4.2.2、CPU:MSM8974(2.2GHz)クアッドコア、
  Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac、カメラ:約1,300万画素   悪くない性能です。
DIGNO M
大きさ:約69×138×9.9(最厚部10.2)mm、重さ:約134g

 データ通信、通話、端末の3つをmineoで、そろえると月額3,590円(税別)になります。

解約について
 最低利用期間(利用開始の翌月から12カ月間)内に解約された場合は、別途解約精算金として9,500円(税込10,260円)が必要となります。


・「mineo(マイネオ)」 サイト
 http://mineo.jp/

--関連記事--
プラスワン・マーケティング株式会社が、Android搭載のSIMフリースマートフォン、「freetel(フリーテル)」の新ラインナップの展開を開始(2014年5月)
日本経済新聞が、ソフトバンクとauがMVNO向けの回線貸出事業に参入すると報じています(2014年5月)
イーモバイルが、「STREAM X GL07S」の機種代金込で月額2520円で使えるキャンペーンを開始(2014年5月)

エディオンが、データ通信費・通話料金と本体機種代金込みで月額1934円から利用できる「エディオンセレクト スマートフォン」を、1000台限定で発売(2014年5月)
ソネット(So-net) が、高速データ通信サービスを利用できるプリペイド式SIMカード『Prepaid LTE SIM』の提供を4月22日より開始すると発表(2014年4月)


Sponsored Links

関連記事

関連タグ : スマートフォン, 格安SIM,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2347-aae74bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック