「いまの大学生はどんどんレイトマジョリティになっているという話」が面白い。

ここでは、「「いまの大学生はどんどんレイトマジョリティになっているという話」が面白い。」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

 「いまの大学生はどんどんレイトマジョリティになっているという話」が面白いので、ちょっと紹介。

参照サイト : More Access! More Fun!(永江一石のITマーケティング日記)

「More Access! More Fun!」はフィードに登録して、読ませてもらっていますが、なかなか面白い。
「ちきりん」氏のブログも面白いのですが、感想を記載するには、ちょっと深すぎる。。。泥沼にはまりそうで。。。

 「いまの大学生はどんどんレイトマジョリティになっているという話」の文章から言葉を拾うと、こんな感じになります。

・昔は「パソコンやITに詳しいのは若者」というのが当たり前であった。
いまの大学生はほとんどネットサーフしてない
・いまの大学生は新聞も読まない。テレビも見ない。
・「いまの大学生はどんどんレイトマジョリティになっている。
・いまや、過半数が草食系の大学生のみなさんは、コストパフォーマンスを最優先に考える。
・インターネットの調査会社によるネット調査。。。。調査方法が、そもそもアバウトすぎる。
・「パソコン持ってなくてスマホだけの人が増えている」時代
・おじさんは「今の若い者は」と呟くのであるが。。。

 今の若者、大学生に絞っていますが。。。。。私の場合は、殆ど、データを統計情報などから、いかにも説得力が有るように見せかける常套手段として、安易に引用しません。 一応、チェックはしますが、偏りのあるデータの場合、殆ど、信用しません。 それより、今、自分が、普段、知っている人間たちをよーく見れば、ほぼ、実態が想像が付きます。

これは、大学生の問題ではないと、いつも感じています。

若者は、政治に関心が無いと言われていますが、選挙に行くか行かないだけの違いで、高齢者たちが、政治や経済や社会についてどれだけ考えているか、知っているかと云えば、多分、どっこいどっこいのレベルだと思います。

大体、「いまの大学生は新聞も読まない。テレビも見ない。」と言われますが、大人だって、朝、新聞も読まない奴なんて、ごまんといます。 たまに偉そうにクソ生意気なことを言いますが。。。全部、テレビの受売りです。 書籍も読まない。 雑誌も読まない。
こんな、超低空飛行をしていても平気で、一応、大人と言われている人間なんて、それこそ、学生の数より、遥かにたくさんいます。

大学生、社会人と言いますが、偏差値30~40位の大学しか入れなかった学生や、偏差値60前後の大学で学んでいる学生も数は少ないが居るのです。 そんな学生たちが卒業して、大量に社会人になるのです。

こんなことを言いきったら、叱られますが、偏差値30~40位の大学しか入れなかった学生が、社会人にになっても、勉強しますか? 書籍を年に数十冊でも、自腹で購入して読みますか?  まず、無理でしょう。 社会人にになってもラベルは変わらない。

家電製品は、特に白物家電は、偏差値が低かろうが、高かろうが、持っていれば、誰でも役に立つ道具ですが、特に最近発達してきた「ハイテク機器(ハイテク機器と思っていなが)」、パソコンやスマートフォンは、「その持っている人間の能力以上の事は何一つできない」道具ですが、みんな持っているんです。 いまだに持っていない人もたくさんいますが。

私の暮らしている範囲で、友達も含めて、人々を見ていると、これだけパソコンなどが普及していますが、本当に、ラベルが低いですよ。 あきれるほどに。。。。。超低空飛行。。。しかも上昇するのは殆ど無理です。

具体例
・キーボード。。。いまだに、指1本指で押している。。。。はあ! お前、何年、パソコン使ってる?  の世界です。

・CDやDVDに動画ファイルを格納して渡しても、ビデオ形式のファイルに変換して、自動起動するように設定してやらないと、動画ファイル1つ起動できない奴。。。。。。 お前、何年、パソコン使ってる?

・おれ、アナログ人間だから。。。デジタルは苦手でさー。。。と云っている奴に限って、アナログがデタラメなのが多い。
要は、アナログのリテラシー(読み書きそろばん)がデタラメな奴が、デジタルを使いこなせる訳がないでしょう。。。
手書きで、表計算、文書作成がうまくできない奴が、ワードやエクセルを習って何になる?  です。

お前、パソコンやスマホ、所有するの300年 早いよ! と云うやつは、世の中ゴマンと居ます。

もちろん、いまだに家に、貧乏でなくても、パソコンも無い家庭も、世の中ゴマンとあります。
まあ、在っても、活用できていなければ、無いのと同じなのですが。。。調査会社が調べた「パソコンの普及率」なんて、全く意味が有りません。

コンピューターの歴史
・マイクロソフトのビルゲイツの時代の感動。。。。1人、1台パソコンを使えること。 パーソナルコンピューターの誕生。

・Googleの創業者たちの感動。。。。。。。。。。。。。世界中の「知」を集めるとこ。

・フェースブックなどのSNS時代の感動。。。。。。知能の低い人間たちの「繋がっている」と云う勘違い、「幻想」。。。
井戸端会議がいつでも、どこでもできる感動。

そんな意味において、使いこなせない人間が、圧倒的に多いので、使いこなせもしない奴に、「幻想」を抱かせて、だましてでも端末を売らないと、儲からないのです。 「宝の持ち腐れ」。。。。そんな事。。。。どうでも良いんです。 儲ければ。。。ね。


補足説明
More Access! More Fun! 「レイトマジョリティ」絡みの解説

・ネットからマジョリティへの認知にはキャズム(溝)が深すぎるという講義
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=13064

本文中の内容ですが、分かり易い、面白い説明です。 特にレイトマジョリティの分析は、最高です。

イノベーター(インフルエンサー)  数百人〜1000人程度

★アーリーアダプター  10万人未満ということは0.3%??
※積極的にネットで情報を収集する
※ソーシャルを非常に積極的に運用する

<<<< キャズムと呼ばれる深い溝 >>>

★アーリーマジョリティ
※ネットで買い物したり調べ物はするが、情報収集はあまり行わない。
※ソーシャルは比較的好き
※Yahoo!は見る

<<<< さらに深いキャズム >>>

レイトマジョリティ
※ネットで買い物は、たまにモールで。必要なときのみアクセス
※ソーシャルはLINEなど身内のみでやっている → バカッター存在域
※テレビはよく見るけど、年齢が高い層は新聞も読む
※芸能人のブログとかは見るし、モバイルゲームはする
※マイルドヤンキー、主婦、若い女性に多い感じ

★ラガード
※ガラケーで一応天気予報とかは見ている感じ?
※ほぼテレビのみ


・新聞はどうして売れなくなったかをキャズム理論で説くとすぐわかる
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=13447

--関連記事--
「スマートフォン、タブレットをもっと活用してみましょう」。。。と云うけれど? です。(2014年8月)

アナログデバイドとデジタルデバイドって? (2014年7月)
スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、どうやって使いこなす。(2012年1月)
スマートフォンを「使いこなせる人」と、「使いこなせない人」の不都合な真実(2011年2月)

「デジタルデバイド」ではなく、「アナログデバイド」について
中小企業、零細企業でIT化が進まない訳と留意点

Sponsored Links

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2420-65a87462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック