アレスが、ウェアラブル腕時計型スマートウオッチ「EC309」を発売

ここでは、「アレスが、ウェアラブル腕時計型スマートウオッチ「EC309」を発売」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

アレスが、ウェアラブル腕時計型スマートウオッチ「EC309」を発売しました。
販売は9月末、価格は37,584円。

 すでに、サムスンの「Gear Live」、LGの「LG G Watch」、SONYのスマートウォッチ「SmartWatch 2」など、Androidスマートフォンと連動するウォッチ型のウェアラブル機器がリリースされていますが、スマートフォンとBluetooth 等で接続して、一部分を表示するオプショ端末にすぎません。

 しかし、この商品「AR-EC309」は、スタンドアローンで、ほぼ完全なスマートフォンとして機能します。
 スマートフォンの機能を妥協することなく腕時計サイズに搭載した、ウェアラブル時代の幕開けを告げる製品です。。。。。

 例えば、音声通信ネットワークにも接続が可能で、対応したMicroSIMを装着すれば、SkypeやLINEを通して音声通話も楽しむこ とができます。GPS、G-センサー、WiFi、Bluetooth、200万画素カメラ、FMラジオなど、最新のスマートフォンにも引けを取らない性 能・機能を備えています。


EC309 ウエアブル・スマートウオッチ


感想
 このようなウェアラブル端末は、本当にユーザーに受け入れられるのでしょうか?

 新し物好きですので、非常に興味はあるのですが、ちょっと考えてみました。

  パソコンから、タブレット、スマートフォンと、だんだん小さくなるのですが、タブレットもスマートフォンもおまけで通話機能が付いていますが、本来は情報 端末として、できる事、できない事は有りますが、パソコンに代わる商品として、世の中で活躍する道具ですが、腕時計型端末まで小さくなると、入力にも向か ない、レファレンス(参照系の作業)にも向かない。。。。。一体、どう活用すれば良いのか。。。。

 どんな使い方をすれば、この小っちゃいマシン「情報端末」として活用できるのでしょうか?

・カメラ撮影(小さすぎて、何だか怪しい)?
・ラジオを聴く
・Bluetooth等で接続し通話する
・何かをお知らせする(時間、アラーム、着信)

 「EC309」は、本当に、スマホの機能を妥協することなく腕時計サイズに詰め込んで、ウェアラブル時代の幕開けを告げる画期的な製品となるでしょうか?  まだ早いと思っています。

 なぜなら、スマホから独立していようが、しまいが、圧倒的に足りないのが、画面の大きさだと思います。

 これを補うのは、折りたたみの液晶画面か、ホログラムの様な投影方法しかないと思います。

  だだ、このモニターの大きさも、あまり大きすぎても、コンシュマーの間では流行らないでしょう。 外出先でタブレット並の大きな画面では、隣の人に覗かれ てしまいますので、何やっているかばれる為に、ほとんどのユーザーは好みません。 そんな意味では、本当は、今のスマートフォン位の画面の大きさが、ちょ うど良いのではと思います。

 デカければ、良いと云うわけではありません。 そこには、「不都合な真実」が隠れていますので、ほどほどの大きさが有ります。

 これから、Appleも、「iPhone」と連動する時計型のウェアラブル端末をリリースする様ですが、どんな機能が、役に立つ機能が付加されてくるか、楽しみですが、あまり期待はしていません。。。。。

 カギは、スクリーン(画面)でしょう。

 
 スクリーンを小さくしても見える目の位置で使用できる端末か、折りたたみの液晶画面か、ホログラムの様な投影方法で独立させるか、どちらしか方法は無いのではと思います。

 そんな意味で云えば、Googleの「Googleグラス」の様な、小さなスクリーンでも、目の位置で使用できる端末の方が、活用できるように思います。 

 仕事に使えると思います。 例えば、ちょっとだけ、視線をずらして、レファレンスを見ながらの作業。 カメラで写した動画で遠くから、熟練者が作業者に指示を出すなど。。。

 また、自分の見ている画面が、他人に見られる心配もないし。。。。。コンシュマー受けするのではと考えます。


EC309 ウエアブル・スマートウオッチ
●サイズ  :(L)41.9x(W)47.5x(D)13.5mm 、重量:72g

主な特長
●Google Playストア対応で、 様々なアプリのダウンロードが可能 。
●GPS、重力センサー( Gセンサー)を内蔵し、地図やナビゲーション、医療、健康、スポーツなど,、様々な分野への応用が可能。
●軽量で丈夫な高剛性アルミ合金ケースとシリコンストラップ。
●WCDMA(3G)およびGSMクワッドバンド対応で世界で使用可能。
●待ち受け時間最大100時間。

※)使用可能なSIMは、SMS対応のデータSIMカードとなります。
  音声通信にも対応したSIMは使うことはできますが、その電話番号を使うことはできません。
  インターネット環境での通話(Skype, Line, 050-xx)となります。
  又、MVNOのSIMカードはSMS対応のカードでないとデータ通信できませんので、あらかじめご了承ください。

対応している回線
 EC309は、WCDMA方式の3G回線及び、GSM4バンドに対
応していますので、国内ではDocomo、SoftBank等WCDMA方式の3G回線の「MicroSIM」カードが利用できます。 但し、au等のCDMA2000方式の回線では通信方式が違いますので使用不可。。

スペック
●OS   : :Android4.0 (Google Playストア対応で、 様々なアプリのダウンロードが可能)
●CPU  : 1.0GHz デュアルコア
●メモリ  : 512MBメモリ+4GB Flash
●LCD   : 240 x 240 画素
●カメラ  : 200万画素
●3G Micro SIM対応(SIMフリー)
●通話時間  :180分、スタンバイ時間:100時間
●センサー   :GPS搭載、Gセンサー搭載
●通信機能   :WiFi搭載、Bluetooth搭載
●認証:技術基準適合証明済

製品構成
●Smart Watch Phone 、Micro USBケーブル、イヤフォン(マイク付)、Mini SIMカードイジェクターピン
●クイックスタートガイド(日本語)
Sponsored Links

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2439-16787d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック