Y!mobile(ワイモバイル)が、SIMカード(マイクロSIM)単体の販売を始ました。

ここでは、「Y!mobile(ワイモバイル)が、SIMカード(マイクロSIM)単体の販売を始ました。」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

9月1日、
Y!mobile(ワイモバイル)が、SIMカード(マイクロSIM)単体の販売を始ました。
Y!mobile ロゴ

 料金体系は、2014年8月1日に始めた「スマホプラン」と基本的に同じですが、1回当たり10分以内の国内通話は月300回まで無料で、データ通信量が月1Gバイトの「スマホプランS」を選べば、月額料金を月2,980円に抑える事が可能です。

 もちろん、SIMフリーのスマートフォンが1台必要ですが。。。。

 他キャリアの「カケホーダイ」とまではいきませんが。。。。10分以内の国内通話は月300回まで無料ですので。。。。

 これは、完全に格安SIM市場を狙い打ちしていますね。
 格安SIMは、データ通信を安くして、通話できるタイプのSIMも販売していますが、通話をこんなに安くしているMVNOは有りません。

 データ通信は、あまり使わないが、10分以内の電話を頻繁に使う方にはお勧めです。 実質、カケホーダイで使えます。


料金プラン
 毎月のデータ通信量に応じて3種類。
・1Gバイトまで :「スマホプランS」が月2,980円
・3Gバイトまで :「スマホプランM」が月3,980円
・7Gバイトまで :「スマホプランL」が月5,980円

 スマホプラン S/M/L
 http://www.ymobile.jp/plan/smartphone/index.html

・10分超過時または301回目以降の通話は、20円/30秒かかります。
・SMSの送信料は1通当たり3円

1万円のキャッシュバックを行うキャンペーン
 9月1日から10月31日まで、ワイモバイルの音声SIMをMNPでの契約者を対象に、実施しています。
 (ソフトバンクモバイル、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクは除く)


追記>9月4日
 京セラ製のAndroidスマートフォン「DIGNO T 302KC」を2014年9月11日(木) に発売すると発表しました。

DIGNO T
 大きさ:約65×132×11.2mm/重さ:約139g

 ディスプレイ :約4.5インチQHD(960×540ドット) TFT液晶

特長
・防水、防塵、耐落下衝撃に対応しています。
・ディスプレイ全体を振動させて音を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載


関連記事
ワイモバイル(Y!mobile)が、無料の公式メールアプリ「Y!mobileメール」をGoogle Playストアで配信を開始
イー・モバイルが、Googleのスマートフォン「Nexus 5(16GB)」の新色「ブライトレッド」を3月14日(金)に発売(2014年3月)
イーモバイルが、「Nexus 5」 32GBモデルの販売を開始、又、SIMフリーのストア版「Nexus 5」にも通信サービスを提供開始
イーモバイル が、オンラインストアにて「Nexus 5」をMNP一括0円キャンペーンを開始したと発表(2014年1月)

ビッグローブが、ドコモのMVNOサービス「BIGLOBE LTE・3G」に、月額980円で月間1GBまで利用できるプランの提供を開始
Googleが、Nexusシリーズの新しいAndroidスマートフォン「Nexus 5」と「Android 4.4」を発表し、日本でも発売開始(2013年10月)

Sponsored Links

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2449-c490593a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック