Appleのスマートデバイス「iWatch」が、期待していないけど、待ちどうしい。。。 

ここでは、「Appleのスマートデバイス「iWatch」が、期待していないけど、待ちどうしい。。。 」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

 あと数日で、Appleのス
マートデバイス「iWatch」が発表される予定ですが、期待していないけど、待ちどうしい。。。   

 Appleの「iWatch」が発表される前に、複数のメーカーから「スマートウォッチ」なる腕時計型の端末がリリースしていますので、ちょっとっ調べてみました。

 どれか1つ購入して、使用してみたいと考えていますが。。。。まあ、多分、機能的には、ほぼ、同じでしょうね。
 そうなると、後は、デザインですので、Appleの製品が出てから決めた方が良いかと思います。

 Appleのデザイン担当 ジョナサン・アイブ氏が、「iWatch」は、「スイスに迷惑をかけるかもしれない」と言っていますので。。。。
 かなり、期待して良いのかな? と思ってしまいます。  この言葉からすると、現代的なデザインではなく、スイスの高級時計の様なアナログチックなデザインになるのか? 。。。早く、見たい。


 この「ウェアラブルデバイス」は、主に、メガネタイプとウォッチタイプの端末が有りますが、ウォッチタイプの端末でも、スマートフォンの様に、通信回線を有していて、スマホから自立して使用できる物まで様々な物があります。

Google Glass 新モデル>
google_glass_201310_001.jpg

 「スマートウォッチ」の殆どは、スマートフォンと「Bluetooth」で接続されますので、iOS対応の端末も有りますが、Androidの端末の場合は、Googleが仕切っている様です。
 Android端末は、GoogleのOSで動いていますので、Googleがウェアラブル用のOSとして提供する「Android Wear」を元にしたGoogleの新プロジェクトがあり、「Google Now」の一連の機能やフィットネスアプリ、リモコン機能などをスマートウォッチで使えるようにする共通の仕様を作る仕組みになっています。 これに各社がパートナー企業として参加しています。

・「Android Wear」 Google サイト  : http://www.android.com/intl/ja/wear/

 AppleがAndroid陣営と何か差別化できる物が付いてくるか。。。いやいや、過度な期待はしないように。。と気持ちを抑えています。

 ウェアラブルコンピュータ、ウェアラブルデバイス、スマートデバイスなどと呼ばれている端末は、今の所、時計型、めがね型の端末が殆どですが、このウェアラブル端末の存在意義は、使ってみて、本人が実感しないと分からない製品ではないでしょうか。

 例えば、今日、何歩、歩いたかまで計測してくれますが、そんな事どうでも良いと思っている人にとっては、無用の長物になってしまいます。 ブランド物の時計、メガネ、宝石と違うのですから、役に立たなければ、身に着ける必要の無い道具となります。

 認知症患者は全国推定患者数462万人と言われていますが、患者にGPSの付いた端末を簡単に取り外せない仕組みにして、装着して、使用すれば、徘徊している高齢者を早期に見つけ出す一番の方法ではと重いのですが。 そうすれば、行方不明になって、亡くなる方も少なくなるでしょう。
 これは、本人や家族の為でもあり、「探す方」の側の人達にとっても、労力を大幅に減らすことのできる仕組みになるでしょう。

 それでは、時計タイプのウェアラブル端末を中心に紹介します。


  1.加賀ハイテック
 2014年9月5日、加賀電子の子会社「加賀ハイテック」が、スマートフォンとBluetoothで接続して利用するスマートウォッチの国内販売に乗り出すと発表しました。

1)「ZeFit」 8,990円(税込)
  フィットネスに重点をおいた端末で、歩数計、カロリー測定、睡眠測定などの活動量計の機能

ZeFit

 2)~4)までの端末は、活動量計の機能、着信やSMSの通知、内蔵のマイクとスピーカーを使った通話、音楽再生、紛失防止アラームなどの機能を備えています。

2)「ZeBracelet2」 11,990円(税込)
ZeBracelet


3)「ZeWatch2」
    11,990円(税込)
ZeWatch  

4)「ZeSplush」 
    18,990円(税込)
  2)、3)の最上位モデルで、生活防水とタッチスクリーンの機能が装備されています。
ZeSplash
------------------------------------------------------------------------------------------


  2.LG  Elecronics    「G Watch R」
  ドイツで開催中のIFA2014にて、ウェアラブル端末の最新モデル『LG G Watch R』を発表。

  メカニカル部分の表示は、液晶画面で表示しているとは思えないくらいきれいですね。
LG G_Watch_R
 ディスプレイは、太陽光がさしても見やすく視野角も広い円形の1.3インチ 320 x 320 P-OLED (プラスチック有機EL) になった。

・LG サイト
 http://www.lgnewsroom.com/newsroom/contents/64664

------------------------------------------------------------------------------------------


  3.Samsung 
 
ドイツで開催中のIFA2014にて、ウェアラブル端末の最新モデルを発表。

1) 「Gear S」

  900/2100 または 850/1900MHz帯の3G、2G回線に対応してすので、単体でもネットに接続可能な製品となります。

Samsung Gear_S



2)「Gear VR」  ヘッドマウント型デバイス

Gear_VR  Samsung

前面に設けられたスロットに「GALAXY Note 4」の本体を装着して利用するそうです。


------------------------------------------------------------------------------------------


  4.Motorola  「Moto 360」
   LGもそうですが、丸い形状の時計タイプも出てきました。

Moto_360  Motorola

スペック
・画面    :1.56インチ320 x 290液晶 + ゴリラガラスディスプレイ
・CPU    :TI OMAP 3 プロセッサ
・メモリ    :512MB RAM、
・ストレージ :4GB
・通信     :Bluetooth 4.0
・センサー  :歩数計、光学式心拍計、振動計、

・デュアルマイク
・IP67 の防水性。
・Android 4.3 以降の端末と連携

・Motorola サイト
 https://moto360.motorola.com/

------------------------------------------------------------------------------------------

  5.ソニー  「SmartWatch 3」
   Android 4.3以降のスマートフォンと連携し、Bluetooth経由で通信できます。
 SmartWatchは従来、ソニーモバイルが独自にカスタマイズしたAndroidを採用していたが、「SmartWatch 3」では、Googleがウェアラブル用のOSとして提供する「Android Wear」を搭載しているそうです。

SmartWatch_3 SONY
・IP68相当の防水/防塵(じん)性能を備える

・SONY リリースニュース
 http://blogs.sonymobile.com/press_release/sony-wearable-tech-smartwatch-3-smartband-talk/

------------------------------------------------------------------------------------------


   6.ASUS 「ZenWatch」  価格は、2万7500円くらい
  ドイツで開催中のIFA2014にて、ウェアラブル端末の最新モデル「ZenWatch」 を発表。

ZenWatch ASUS
 バンドは革製で高級そうです。

ASUS サイト
 https://www.asus.com/Phones/ASUS_ZenWatch_WI500Q/

--関連記事--
アレスが、ウェアラブル腕時計型スマートウオッチ「EC309」を発売(2014年8月)

Sponsored Links

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2453-b5693eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック