Appleの新型「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」が発売されましたが、特に「iPhone 6 Plus」が賛否両論が有るようです。

ここでは、「Appleの新型「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」が発売されましたが、特に「iPhone 6 Plus」が賛否両論が有るようです。」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

 9月19日(金)、Appleの新型「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」が発売されましたが、特に「iPhone 6 Plus」が賛否両論が有るようです。 そこで今回は、いわゆる、「ハイテクデバイス」と言われている商品について。

そう、画面のデカい「iPhone 6 Plus」です。
私は、予約して、まだ入手できていませんが、おおむね、デカい画面にして良かったと思っています。

 今回は、MNPでドコモに戻ろうか、iPhoneを止めようか。。。と迷いましたが、ソフトバンクが、ユーザーが逃げないように、発売ぎりぎりで、今までのサービスを引き継げたり、安くするなりしてきましたので。。。。とうとう、そっちに乗っかってしまい、「iPhone5」から「iPhone 6 Plus」に機種変更することを決断しました。

 もう一つ、止めようかと考えていた「iPhone」を使い続けようと思った要因は、もう1台、旧イーモバイルGoogle「Nexus5」を持っているのですが、決して悪くは無いのですが、1日300件くらい、メールアプリとブラウザを使い処理するのですが、これが、「Nexus5」だと全然、スムーズに処理しきれない。。。。やはり、どう頑張っても、iOSのメールアプリとSafariにかなわないのです。
 問題は、メールアプリのUI(ユーザーインターフェース)、操作性と別アプリを起動する方法などなのですが、これが改善されれば、「Nexus5」で十分なんですが。。。。大量のメールをさばく場合、Appleのメールアプリに、かないません。

--関連記事--
Appleの新型「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」が発売 (2014年9月)
iPhone 6、iPhone 6 Plus どっちを購入するか。。。。迷う。(2014年9月)


 「白物家電」と大きく違い、「持っている人の能力以上の事は何一つできない」と云う宿命を持った道具が、パソコン、タブレット、スマートフォンで、いわゆる、「ハイテクデバイス」を語る時、注意する点があります。

----------------------------------------------------------------------
例えば、iOSが良い、いや、Android端末が良い。。。。。
----------------------------------------------------------------------
 良いと云うなら、実際どんな使い方をしていて、ここが便利とか使いずらいとか。。。。具体的な記載が無いとさっぱり分からん。
 Android端末の方が、性能が良い。。。と言っても、その性能を享受できるユーザーが何人いるか? 2割もいないでしょう。

 できることも、性能もAndroid端末の方が性能が高い物も確かに有るが、性能以外の「使いやすさ」、「便利さ」は、性能を享受できないユーザーでさえ、満足できるなくても、いいね! と思える改良が続いているのか?

 ましてや、使いこなしてもいない、電話とメール、ゲーム、ラインと動画を観るのにしか使っていないユーザーにiOSもAndroidも、どっちだって同じだろうと思う。 何が、不便か? 説明が無い。  脱獄しやすい? そんな事、みんなやってないだろう?。

 タブレットにしても同じことで、使い方も、使い道も、自分で、模索できないユーザーにiPadが良い、いやAndroidのタブレットが良いと叫んでも、人の記事を参考にしようとしても、猫に小判、豚に真珠の状態で、あまり意味が無い。

-----------------------------------------------------------------------
もう一つ、Macが良い、Windowsが良い。。。。
-----------------------------------------------------------------------
どうせ、使いこなせもしないユーザーに、Macが良い、Windowsが良いと云う事自体、不毛です。

Macユーザーでも、このように大規模なアップデートが来ると、そちらにアクセスがゆき、エロサイトにアクセスする数が、ガクンと減るそうです。 Macを使っていますなんて、すかしていても、Windowsユーザーとたいして、変わらないのです。

そして、使いこなしている人ならいいのですが、たいして使いこなしてもいない輩が、あれが良い、これがダメと云っていることが、必ずしも、全部のユーザーに当てはまらないと云う事が、もう、たくさん有ります。

 使いこなしていない奴に限って、あーだ! こーだ! と、「ほざく」。。。お前、そこまで使いこなしていないだろう。


---------------------------------------------------------------------
物を売る側の立場から、マーケティング理論
---------------------------------------------------------------------
 マーケティング理論では、「新製品・新技術を市場に浸透させるため」どうしたら良いか? ここが重要なポイントで、マーケティング理論では、「購入」したかどうかが、市場に浸透したか どうかの判断基準で、購入した人々が、「活用」できているかどうかまでは、ほぼ考慮されていないのではないかと思います。

購入後、どう活用しているのか、役に立っているのか、宝の持ち腐れになっているのは全体のどのくらいなのか?なんて、関係ないんです。

 「白物家電」を売っているんじゃない! と云う事が、分かっていない。 又は、分かっていても、解決できない。

補足
 「イノベーター理論と『Crossing the chasm』(『キャズム』)
 イノベーターとアーリーアダプターの2つの層を合わせた状態にまで普及した、この普及率16%超の段階で、新技術や新流行は急激に市場に拡散して行 き、いかに、この2つの層に、アピールするかが新製品普及のポイントであるとされてきた(「普及率16%の論理」) とされてきたのが、イノベーター理論理論です。

 「イノベーター理論で は、この普及率16%超の段階で、新技術や新流行は急激に市場に拡散して行き、いかに、このイノベーターとアーリーアダプターの2つの層に、アピールする かが新製品普及のポイントであるとされてきたこの理論に対して、 ジェフリー・A・ムーアは、ハイテク産業の分析から、2つの層の間には、容易に超えられ ない大きな溝(キャズム)があることを示している。 そのため、アーリーアダプターを捉えるだけでは不十分であり、アーリーマジョリティに対するマーケティングも必要だという「キャズム理論」を説いている。1991年に、マーケティング・コンサルタントのジェフリー・A・ムーアが、『Crossing the chasm』(『キャズム』)で提唱しています。

参照記事
 http://marketingis.jp/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%90%86%E8%AB%96

イノベーター(Innovators:革新者) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・  全体の2.5%を構成(しかし、数百人〜1000人程度)
 新しいものを進んで採用する革新的採用者のグループ  ちゃんと活用する努力ができる。

アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者) ・・・・  全体の13.5%を構成(実際は1%にも満たない)
 流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断する初期少数採用者のグループ。 

<<<< キャズムと呼ばれる深い溝 >>>   

アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者) ・・・・・・ 全体の34.0%を構成(実際は30%以下)
 新しい様式の採用には比較的慎重な初期多数採用者のグループ。
              
レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者) ・・・・・・・・・・ 全体の34.0%を構成(実際は40%以上)
 新しい様式の採用には懐疑的で、周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。

ラガード(Laggards:遅滞者) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 全体の16.0%を構成(実際は30%以上)
 採用遅滞者のグループ。
 世の中の動きに関心が薄く、流行が一般化するまで採用しない。 中には、最後まで流行不採用を貫く者もいる。


 まず、この5つに分類された階層に、感心すると同時に、こんな分類ではなく、もっと簡単に分類できるのでは。。。とも思うのですが。 。。。例えば、ITなどのハイテク業界のマーケティングで云えば、次の4分類で説明が付くと思うのですが。。。。

(イ)知能の高い人。。。。
まあ、知能が高くても、頭の配線のおかしい人もいますが。
(ロ)知能は、決して低くないが、育ちのせいか、性格のせいか、成人しても学習しようとしない。。。いわゆる「バカ」。
(ハ)しかし、そうでない人も、存在するのも確かです。 つまり、(ロ)でない人達。数は多くない。
(ニ)知能の低い人。。。。これは生まれつきですので、分類上、決して「バカ」ではありませんので。


-----------------------------------------------------------------------
厄介な階層
-----------------------------------------------------------------------
 この容易に超えられない大きな溝(キャズム)の問題より、もっと大きな問題が有ります。

 上記(ロ)の扱いをどうするか。。。にかかっていると密かに思うのですが、一番数が多く、扱うのが、一番めんどくさい階層でもあります。  マイクソフト社のあの女医の卵(研修医)のコマーシャルを嫌う階層でもあります。
 なぜなら、頭の中は「空」なのに、偉そうで、クソ生意気で、「自尊心とプライド」だけは一人前で努力なしに成長している階層ですので厄介なんです。

 商品を売っている側の方は、もろに「反感」を買いますので、ここまで「不都合な真実」を言えないでしょうが、この階層の評価を気にしない方が、間違いを起こさないでしょう。

 この階層は、自分自身の「不都合な真実」をひた隠しにして、商品を批判してきます。 イソップ童話の様に。

 ですので、「白物家電」とは全く異なる、このような「ハイテクデバイス」を選択する場合に、一番肝心な事は、
・どう使いこなすか
・自分の生活でどう役に立てるか
・そのために、どんな努力が必要なのか。。。
 
 ここまで、考えようとして、考えられなければ、止めた方が良いのです。 金をドブに捨てるだけです。
 パソコンもタブレットも必要ありません、どうせ、バカ動画かエロ動画しか見ないでしょうから。
 スマートフォン。。。全然、必要ない、トラフィックの無駄遣い。 一生、ガラケーを握りしめていればいい。

 もう、そろそろ、持っている「物」を自慢するのではなく、

 「ハイテクデバイス」を、どう生活に活用しているか、どう役立てているか。。。を自慢する時代に来ているのではと考えるのですが、どうでしょう?。

追記
 先日、同年代のお父さんから、こんな相談を受けました。

 成人している娘2人に、「お父さんもそろそろ、スマホにしたら?」と言われたそうで、「変えた方が良いのかなー?どうしたら良い?」とおっしゃるので、どう使いの? どう使いたいの? と聞くと、「子供たちとLINEくらいか。。」と、これくらいしか反応が無いんです。 このお父さん、歳は歳ですが、知能は低くありません、ちゃんと国立大学を卒業しています。仕事も出来ます。

 知的です。 でも、何かしようとする気が有りませんので、「スマホ」必要ないです。
 「みんなと同じように所有する必要ないですよ。 金がかかるだけです。」と答えました。
 格安SIM、格安スマートフォンの話は、面倒くさいので、しなかったし、必要ないと思いました。

 「そうだね!」と返事を返してくれました。  何と!知的な、賢い、「お父さん」なんでしょうか? 「軸」がぶれない、流れない。

--関連記事--
iPhone 6、iPhone 6 Plus どっちを購入するか。。。。迷う。(2014年9月)
「iPhone5」と「iPad2」の「iOS8」アップデート(2014年9月)
iPhone 6の予約と料金プラン​のお話です。 (2014年9月)

2年間使用した「iPhone 5」 と使い始めたGoogle「Nexus 5」を比較してみた。(2014年9月)
「いまの大学生はどんどんレイトマジョリティになっているという話」が面白い。(2014年8月)
「スマートフォン、タブレットをもっと活用してみましょう」。。。と云うけれど? です。(2014年8月)

総務省が、SIMロック解除義務化の方針を正式決定へ(2014年7月)
スマホ、タブレットの使い道(2014年7月)

Sponsored Links

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2465-2eff89f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック