ドコモが、3G搭載の子供向け腕時計『ドコッチ』を発表したが、なぜ、こんな「みまもり」を機能としたウェアラブル端末が子供だけの物なんだろうか?

ここでは、「ドコモが、3G搭載の子供向け腕時計『ドコッチ』を発表したが、なぜ、こんな「みまもり」を機能としたウェアラブル端末が子供だけの物なんだろうか?」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

9月30日、 
ドコモが、3G搭載の子供向け腕時計『ドコッチ』を発表したが、なぜ、こんな「みまもり」を機能としたウェアラブル端末が子供だけの物なんだろうか?

警察庁が2014年6月5日、認知症による徘徊(はいかい)などで行方不明となる人が、年間1万人に上っている問題で、去年1年間の最新の統計を公表しました。
・NHK ニュース サイト : http://www3.nhk.or.jp/news/ninchisho/



行方不明になった人の家族や周囲の誰も「認知症」だと気付いていない段階で行方不明になる例も有るそうですが。。。。
「認知症」だと、周りの人達が、気が付かないと云うのが、一番大きな問題でもあります。

まさか。。。。後悔、先に立たず。。。。家族の「認知症」に対する「認識不足」、「勉強不足」も原因の一つです。

家族が目を離したすきに自宅から出て徘徊していた認知症患者が引き起こした電車事故で、裁判所が、認知症患者(男性)の妻に対して約360万円の支払いを認めた例もあります。

どの段階で装着できるか。。。と云う問題も有りますが、少なくても、発症している「認知症患者」に、このような端末を持たせるのは、有効な気がします。 自分で、なかなか外せないように端末を装着する必要がありますが。。。。

あとは、、徘徊して行方不明になった時、誰が、サーチするのか?
みまもる側は、少なくても、スマートフォン/タブレット、パソコンのいずれかを扱わなければなりません。
み守る側の端末操作のスキルと利用者(ドコッチ)の月額使用料が発生します。

見守りを請け負うサービス業者に依頼するしかない場合も有るでしょうが、可能な限り、使える方には、安く提供するのはいかがなものでしょうね。 ドコモさん。 

 子供さんより、こっちの方が、先ではないですか。

 なんで、進んで世の中のためになる製品を出そうとしないんだろうか?
ドコッチ 01  ドコッチ 01

スペック
連続待受時間 約 72時間
3G通信方式 W-CDMA(800MHz/2GHz)
近距離通信方式 Bluetooth® Low Energy
(Bluetooth® 4.0)
ディスプレイ 約 1.3インチ
バッテリー リチウムイオンポリマー電池(320mAh)
充電/給電 専用クレードルによる充電注意1
防水/防塵(ぼうじん) IPX5/IP5X注意2
UIMカード nanoUIM
サイズ 高さ 約 44mm×幅 約 44mm×厚さ 約 15mm(ベルト含まず)
質量 約 50g(ベルト含む)


・「ドコッチ 01」 NTTドコモ サイト
 https://www.nttdocomo.co.jp/product/watch/docotch01/index.html

--関連記事--
Appleのスマートデバイス「iWatch」が、期待していないけど、待ちどうしい。。。(2014年9月)

Sponsored Links

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2482-771fd3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック