Appleが、新製品の発表会を開催

ここでは、「Appleが、新製品の発表会を開催」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

10月17日、
Appleが、日本時間の10月17日深夜2時から新製品の発表会を開催しました。

OSは、「OS X Yosemite」、Macは、「iMac」、「Mac Mini」、タブレットは「iPad Air 2」、「iPad mini 3」です。

 早速、OSをインストールしてみました。
 ファイル容量が16Gもあり、家で実施するとダウンロードが大変でしたので、「スタバ」によって、コヒーを飲んでいる時間で済ませてしまいました。 それでも30分くらいかかりました。(スタバの無線LANのスピードは30Mくらい出ています。。。速いです)

 家に帰り、MacのOffice系のアプリやらなんやらをアップデートする必要もあり、ちょっと大変です。

 再起動後、第一印象。。。。新デザインのアイコンが。。。前より、ダサい。。。まあ!いっかーーー。。。。です。

 でも、どこかのOSの様に、「8」から「9」を飛ばして「10」にする。 元に戻すだけのグダグダのOSとは違います。

 Yosemiteの機能は、「てんこ盛り」ですよ。 しかも、無償です。 モバイル端末との連携が進んで、どんどん便利になっています。

  iPhoneを持っているなら、迷わず、パソコンは「Mac」ですよ!!  連携機能を活用すべし。


  27インチのRetina 5Kディスプレイモデルの 「iMac」。。。。。これが一番欲しいですね。


  1.OS 「OS X Yosemite
Appleが、Mac OSのメジャーバージョンアップとなる「OS X Yosemite」の正式版の無償提供を10月17日より開始。
Mac App Storeからアップグレード可能です。

Yosemite

新機能
・オンラインストレージiCloud Drive
 今までのバックアップ機能だけではなく、色々なファイルを保存することが可能になっています。
 
1)Safari

・URL入力欄と検索欄が統合
・開いている複数のタブを一覧表示する機能 

2)メール

・インターフェースがiOS8風に
・メールアプリに添付したファイルを『iCloud Drive』に自動的にアップロードしてくれる「Mail Drop機能」
 他のメールアプリやWindowsを使っているユーザーには、添付ファイルのダウンロードリンクが自動的に追加される。

3)メッセージ
 音声のメッセージを手軽に送れるようになった「Soundbite」機能。

4)Finder
 Appleのオンラインストレージサービスである「iCloud Drive」を統合

5)AirDrop
 今まで、iOSデバイス間、Mac間のみで可能だったファイル転送機能でしたが、MacとiOSデバイス間で可能になりました。

6)電話
 iPhoneに着信した電話をMacで受けられる。

7)SMS
 電話だけでなく、電話番号を利用したショートメッセージ(SMS)もMacで受けられます。

8)Handoff
 iPhoneで作業していた内容をMacへ移行できる機能

対応機種
 iMac(Mid 2007以降)、MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)、MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)、MacBook Air(Late 2008以降)Mac mini(Early 2009以降)、Mac Pro(Early 2008以降)、Xserve(Early 2009)。

対応OS
 OS X Snow Leopard(10.6.8)、OS X Lion(10.7)、OS X Mountain Lion(10.8)、OS X Mavericks(10.9)


追記
 「iTunes 12.0.1」も公開されました。

・アイコンを赤に変更になっています。
・1クリックで移動できる、ミュージック、ムービー、TV番組専用のアイコンが表示されています。 
・「ファミリー共有」機能
 iTunes、iBooks、およびApp Storeで購入した項目を、アカウントやパスワードを共有しなくても、最大6人までの家族と共有することが可能。 共有機能を設定するには、OS X Yosemiteの「システム環境設定」 、「iOS 8」の「設定」で「iCloud」を選択して、iCloudファミリーを設定する必要がある。

対応OS
 Mac OS X 10.7.5以降
 Windows XP SP3以降または、32bit版Windows Vista/7/8、64bit版のWindows Vista/7/8。



  2.Macは、「iMac」、「Mac Mini」

1)「iMac」  27インチ  Retina 5Kディスプレイモデル   、10月17日販売開始
  
iMac
  標準モデルで25万8800円(税別)

  • 3.5GHzクアッドコアIntel Core i5
  • Turbo Boost使用時最大3.9GHz
  • 8GB(4GB x 2)メモリ
  • 1TB Fusion Drive1
  • AMD Radeon R9 M290X(2GBビデオメモリ搭載)

2)
「Mac Mini」


 エントリーモデル、ミドルモデル、ハイエンドモデルの3種類
mac_mini 2014


    

  3.タブレットは「iPad Air 2」、「iPad mini 3」


  Appleオンラインストアでの予約受付は、10月18日より開始

 Appleのタブレットには、注目の機能が付いています。
 まだ、日本のキャリアは対応していませんが。。。。「Apple SIM」と言います。

 通常、キャリアを切り分けるのは、物理的な「SIMカード」を入れ替える事で切り分けられていますが、「Apple SIM」は一枚のSIMでソフト的に、「SIMカード」を入れ替える事なく、」通信業者を切り分けることができる仕組みです。

 これが、どう広がるかです。 来年から、キャリアの携帯も、SIMロックフリーになるような動きも総務省から出ています。
 ただ、キャリアから販売されている「iPhone」が、SIMロックフリーになれば、キャリアの2年縛りができなくなり、当然、安く販売できなくなるので、「iPhone」が売れなくなる可能性も有ります。


1)「iPad Air 2」  厚さ6.1mmで世界最薄のタブレット
iPad_Air 2 

 本体サイズ ;240×169.5×6.1mm(縦×横×厚さ)
 重さ      :Wi-Fiモデルが437g、Wi-Fi+Cellularモデルが444g。
 本体カラー :シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色

・iPhone 6と同様、指紋認証機能「Touch ID」をホームボタンに搭載
・背面に800万画素iSightカメラを内蔵し、最高3,264×2,448ドットの写真撮影や1秒間に10枚の連写(バースト)撮影などに対応。

価格
容量 Wi‑Fi Wi-Fi + Cellular
16GB 53,800円(税別) 67,800円(税別)
64GB 64,800円(税別) 78,800円(税別)
128GB 75,800円(税別) 89,800円(税別)



2)「iPad mini 3」
iPad_mini 3


・iPhone 6と同様、指紋認証機能「Touch ID」をホームボタンに搭載

 本体サイズ ;200×134.7×7.5mm(縦×横×厚さ)
 重さ      :Wi-Fiモデルが331g、Wi-Fi+Cellularモデルが341g。
 本体カラー :シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色

価格
容量 Wi‑Fi Wi-Fi + Cellular
16GB 42,800円(税別) 56,800円(税別)
64GB 53,800円(税別) 67,800円(税別)
128GB 64,800円(税別) 78,800円(税別)


Sponsored Links

関連記事

関連タグ : iMac, iPad, Yosemite,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2488-de79c11f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック