イオンが、販売中の格安スマートフォン「イオンスマホ」シリーズに、11月14日から「イオンスマホ親子セット」を販売

ここでは、「イオンが、販売中の格安スマートフォン「イオンスマホ」シリーズに、11月14日から「イオンスマホ親子セット」を販売」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

11月12日、
イオンが、販売中の格安スマートフォン「イオンスマホ」シリーズに、11月14日から「イオンスマホ親子セット」を販売すると発表しました。 2台セットで通信費と端末代金合わせて月額3,980円(税別)で利用できる。

 子供用のスマホは、使いすぎ防止のため音声通話非対応ですが、現在地をわかるようにしています。
 
 当初は、新規契約、MNPによる転入でのみ利用できるですが、イオンスマホの既存ユーザーにもこれから対応する方針だそうです。

 イオンスマホ第2弾で、なんと!、50歳以上のユーザーの割合が、51%だったそうですが、今度は、若い主婦層、未就学児、あるいは小学校低学年の子供と一緒に利用することを想定したパッケージを用意したのです。

 他のMVNO業者も、うかうかしてると、イオンに全部、ユーザーを持って行かれますよ。

 ユーザーが、なぜ、料金の高いキャリア3社と契約してしまうか?
 キャリアが、端末の料金をタダ同然に見せかけて、契約時に一銭も金を支払わなくても、即日、使えるように販売していますので、いくら、格安SIMだ、格安 スマホだ、と云いても、ユーザーは飛び付きません。 だって、契約時、一銭も払わずに契約して、即日、使えるのですから、これくらい、都合の良い事は無い でしょう。

 ここさえ、クリアすれば、後は、ユーザーは料金の安い方を選択するはずです。 更に、使いこなせなくても、スマホを持ちたいと思っている大勢のユーザーを取り込むことが可能です。

 イオンスマホの良い所は、使いこなせなくて、途中、解約しても解約金など取られない事です。 おっと、分割払いの機種代金の支払いは、当たり前ですが、当然、残りますので、支払いが続きます。

 イオンスマホ、つい先日、、お勧めしました。 売れるといいですね。 
 これから、スマホを購入するだろう、売れるだろうと思われる階層の人達は、ネットなど利用しない人が多い階層ですので、店舗を持っている分、イオンは有利ですね。

イオンスマホ「親子セット」

【イオンスマホ「親子セット」概要】

  • 販売開始時期 : 11月14日(金)
  • 販売店舗 : 全国の「イオン」400店舗「おうちでイオン イオンショップ」
  • セット価格 :
    保護者さま用「イオンスマホLTE」 月額2,980円(税込3,218円)
    + お子さま用「イオンスマホ(3G)」 月額1,000円(税込) :(端末代630円×24回、通信料370円))
    + アプリ「スマモリ for イオン」 無料(2年間イオンが無料で提供)
    ———————————–
    月額3,980円(税込4,298円)

※保護者用1台につき、子共用は、2台(月額1,000円(税込1,080円)×2)まで契約可能です。
※子供用のスマホは、第2弾の「イオンスマホ」をベースに、音声通話非対応です。

「イオンスマ」の詳細 : http://www.aeonretail.jp/campaign/newcom/


-格安SIM・格安スマホ 関連記事--
coviaが、9900円のSIMフリースマートフォン「FLEAZ F4s」を12月10日に発売すると発表(2014年11月)
楽天が、MVNOに参入 ドコモLTEを月額1600円から利用できる「楽天モバイル」を開始 (2014年10月)

NTTレゾナントが、19,800円の5インチ格安スマホ「Blade Vec 4G」(ZTE製)の発売を開始(2014年8月)
ヨドバシカメラで、ワイヤレスゲートと日本通信のスマホと格安SIMカードをセット販売(2014年7月)

Appleジャパンが、タブレット「iPad Air/mini Retina」のSIMフリー版を販売開始(2014年7月)
格安スマホの販売を家電量販のビックカメラやヨドバシも始めます。(2014年4月)

Sponsored Links

関連記事

関連タグ : スマートフォン,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2514-73b55eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック