エムオン・エンタテインメントが、デジタルグッズの専門誌『デジモノステーション』の増刊号の付録として、すぐに無料で使える「オリジナルSIMカード付き」の雑誌を発刊

ここでは、「エムオン・エンタテインメントが、デジタルグッズの専門誌『デジモノステーション』の増刊号の付録として、すぐに無料で使える「オリジナルSIMカード付き」の雑誌を発刊」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

エムオン・エンタテインメントが、デジタルグッズの専門誌『デジモノステーション』の増刊号の付録として、すぐに無料で使える「オリジナルSIMカード付き」の雑誌を12月12日(金)に発刊します。 価格は1500円。

なんと! 「SIM」が付録とは。。。。。SIMフリーのスマホが無いと、当たり前ですが使えませんが。。。。

これは、大変、面白い企画だと思います。 SIMフリーのスマホが有れば、すぐ使えますね。
SIMフリーのSIMを契約する時に、登録手数料として3,000円も支払う必要がありますので、試すのに、大変、お得だと思います。

容量も500MBも有りますので、 アプリのアップデートなどは、公衆無線LANか自宅のネット接続(WiFi)を使い、動画をあまり見なければ、メールとブラウザ、SNSでしたら1ヶ月くらいは使えそうです。

デジモノステーションの増刊号


私も、契約の切れた旧イーモバイルの「Sony Ericsson mini」が有りますので、この雑誌を購入して、試してみたいと企んでおります。  これ小さくて良いんです。 現在、音楽プレイヤー(Bluetoothレシーバーで)、カメラとして使用しています。

Sony_Ericsson_mini_102.jpgsony_mw1_003.pngmw600.jpg
Sony Ericsson mini     「MW1」                 「MW600」 

3つとも、SONY製です。
 

『デジモノステーション』の増刊号の特別付録について
「SIMスターターパック」 (IIJmio プリペイドパック for BIC SIM) 
・SIMサイズ :microSIM
・データ量  :500MB
・利用期限 :開通後3カ月間
・開通期限 :2015年9月末日


・デジモノステーション  サイト
http://www.digimonostation.jp/

追記
 各メディアで、日本郵便が、2015年度中に格安スマホ市場に参戦する可能性があることを報じました。

 これは、キャリアもMVNOも大変になりますよ。。。全国に、2万4千ある郵便局ですし、高齢者も多く訪れる場所でもあります。
 やり方次第では、思いっきりシェアを奪えるような気がします。 そうです。 キャリアと同じように、契約する時、1円も支払わず、持ち返ってすぐに使えるような、面倒くさくない売り方をすれば、絶対、売れます。
 ここを間違えれば、いくら安くても、購入する意欲は無くなると思います。


--関連記事--
ソニー(SONY)のスマートワイヤレスステレオヘッドセット「MW1」に内蔵されたmicroSDカードに音楽ファイルを保存して「MP3プレーヤー」として楽しむ方法。(2012年7月)
イー・アクセスのソニー・エリクソン製のAndroidスマートフォン「Sony Ericsson mini」を手に入れました。(2011年10月)
イー・アクセス(旧イー・モバイル)は、ソニー・エリクソン製のAndroidスマートフォン「Sony Ericsson mini」を10月28日に発売

Sponsored Links

関連記事

関連タグ : SIM,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/2527-68355f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック