USBメモリーに格納して使える、「フリーソフト」 まとめ

ここでは、「USBメモリーに格納して使える、「フリーソフト」 まとめ」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

 今回は、USBメモリーの知識と便利に使用する方法とUSBメモリーに格納して使えるフリーソフトをまとめてみましたので、文書や画像などのデータを持ち運ぶだけしか使用していない方は、是非、参考にしてみて下さい。

  1.USBメモリーのマメ知識
usb_vois_rec_001.png

1)USBメモリーに入れて使えるソフトと使えないソフトの違いについて


・USBに入れて使えるソフト
通常ダウンロードして、解凍して、実行ファイルを起動するだけで使えます。

・USBに入れて使えないソフト
ダウンロード後、インストーラーを起動させて、インストールするタイプのソフトは、DLLファイル等を設定して、レジストリを参照して動作していますので動きません。

ですので、ほぼ、インストーラーを起動して、インストールしないソフトは、USBメモリーに入れて使用できます。


2)USBメモリー購入のポイント

・価格
ノーブランドなら2Gで、2000円台であります。
速度があまり早くありません。

容量
値段が安くなりましたので、1G~2G位は欲しいですね。

補足
バッファローのシリコンハードDISK「SHD-U16G」は、16Gの容量があり、通常のUSBメモリと同じ姿ですが、PCに差し込むと、OSからはHDD(ハードディスク)として認識されますので、「NTFS」でフォーマットしたり、パーテーションを切れます。

・速度
速度の違いは、I/Oコントローラー(高速タイプは、メモリーにダブルアクセス可能)の違いと、メモリの素子の違いです。

Windows Vistaの「レディーブースト」を使用する場合は、対応した商品を確認です。


3)USBメモリーの寿命について


素子に書き込める回数は、一般的に高速タイプ:10万回、標準タイプ:1万回以下
・1日、10回書込みをすると、約3年で寿命になります。


4)通常の「USBメモリ」と「U3規格対応USBメモリ」の違い

通常のUSBメモリは全て保存領域ですが、U3規格対応USBメモリは、もう一つU3を起動するプログラムが入った領域を持っています。

下記のランチャーソフトを設定して使用してくても、独自のランチャーがUSBをPCに挿入すると起動します。
パスワードロックのセキュリティ機能が付いているタイプのUSBがそうですね。

2千円位通常より高価ですが、便利です。

メーカー例:サンディスク製
http://www.sandisk.com/Products/Catalog(1168)-SanDisk_Cruzer_Micro_USB_Flash_Drive.aspx

U3対応アプリケーション
・経路検索ソフト『乗換案内 U3 Edition』
・IP電話ソフト『Skype』
・パスワード管理ソフト『SignUp Shield』
・アンチウイルスソフト『Avast!』
・Outlookなどのデータを同期する『CruzerSync』
等がプリインストールされている

「PCと接続すると、自動的にドライバと『U3 LaunchPad』がインストールされ、LaunchPadがタスクトレイに常駐する」。 とにかく、便利です。

・対応アプリケーションは、U3サイトどうぞ。
http://software.u3.com/interstitial.aspx


  2.便利に使用する方法

1)ランチャーソフトの使用

「USBで使える便利なフリーソフト(ジャンル別)」の8.「その他の便利なソフト」の
1)「PStart」v2.10」、 2)「Portable Start Menu 1.2」などのランチャーソフトを使用するとUSBメモリをPCに挿入するだけで、ランチャーが起動しますので大変便利です。

是非、USBメモリ用のランチャーソフトを使用してみて下さい。



2)ファイルやソフトを格納するときのポイント

まず、下記の名称でフォルダを作成します。

・ソフト
ソフト別にまた、フォルダを作成して格納する

・画像
年度、月、年月日単位に自分の保存するタイミングでフォルダを作成して、データを格納

・文書
文書も用途、目的別にフォルダを作成して格納する。


  3.USBで使える便利なフリーソフト(ジャンル別)です。


1)「ブラウザ」
「メーラー」
「Linux OS」
「オフィス、スケジュール ソフト」
「セキュリティ ソフト」
「動画再生・編集ソフト」
「画像処理ソフト」
「ランチャー」
「暗号化ソフト」
10「その他の便利なソフト」



  1)USBで使える「ブラウザ」

自分の使い慣れた「ブラウザソフト」を、他のPCでも使用できます。
「お気に入り」も移動しておけば、自分のPCで使用するように使えますので大変便利です。

(1)Portable Firefox (ポータブル ファイアフォックス)
thunderbird_portable
対応OS
・Windows 98/Me/2000/XP/Vista
・Wine on Linux/UNIX

・ダウンロードサイト
 http://portableapps.com/apps/internet/firefox_portable(英語版のみ)
 日本語化するには、日本語化パッチのDL・インストールが必要です。

更新情報> 2008年6月
Portable Firefox 3」もリリースされています。
・詳細は、下記の記事を参照してください。
ブラウザを「IE7」から、「Firefox 3」に乗り換える苦労



-----------------------------------------------------------------------------------------------
(2)Opea portable  (オペラ USB)
Operaはポップアップ阻止機能、タブブラウズ機能、組み込み型検索ツール、また追加機能として革新的なE-mailクライアント、RSSフィード、 IRCチャット機能を備えています。
Opera_Portable

対応OS
 Windows XP/Vista/7/8

・ダウンロードサイト
 http://portableapps.com/apps/internet/opera_portable

-----------------------------------------------------------------------------------------------
(3)Portable Sleipnir (ポータブル スレイプニル)
 Sleipnir Mobile for Android、Sleipnir Mobile for iPhone / iPadなどに対応したブラウザです。

Portable_Sleipnir

対応 OS
:
Windows 98/98SE/Me/2000/XP/Vista

・公式サイト(ダウンロード可能)
 http://www.fenrir.co.jp/sleipnir/downloads/(日本語)


-----------------------------------------------------------------------------------------------
USBブラウザの使用時の感想
当たり前ですが、パソコンにインストールして使うタイプより、読込む時間がかかり、少し遅いですね。

注意事項
企業などのドメインで管理されたPCで使用する場合は、インターネットの設定変更をしないとつながりませんので注意です。



  2)USBで使える「メーラー」

 USBメモリーで、外出先からメーラーを使用するときの設定ポイントは、「受信時にメールをサーバーに残す」に設定しないと、家に返って、通常使用しているPCで、もう一度受信できなくなりますので注意です。

(1)Thunderbird Portable
 Mozilla Thunderbird メールクライアントの軽量版です。
 メール、アドレス帳、アカウント設定を持ち運ぶことができます。

thunderbird_portable

更新情報> 2008年5月
・「Portable Thunderbird 2.0.0.14」がリリース
 
http://portableapps.com/apps/internet/thunderbird_portable

言語のデフォルトは英語ですので、日本語化する方法
1.https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/356?id=356&vid=1103
から「Locale Switcher」アドオンをダウンロードし、「Tools」タブの「Add-ons」->「Install」から「locale_switcher-*.xpi」をインストール

2.http://releases.mozilla.org/pub/mozilla.org
/thunderbird/releases/2.0/win32/xpi/

から日本語言語ファイル「ja.xpi」をダウンロード (他のバージョンの場合は thunderbird/releases/[バージョン]/win32/xpi/ のディレクトリからダウンロード)

3. 「Tools」タブの「Add-ons」->「Install」から先ほどダウンロードした「ja.xpi」をインストール。

4. 「Tools」タブの「Langage」 から「Japanese」を選択し、Thunderbird を再起動すると日本語になります。


------------------------------------------------
(2)EdMax(エドマックス)フリー版
無料版は有料版と比べて、機能制限がありますが、通常使う分には、あまり問題ありません。
(HTMLメールの送信、携帯向けの自動転送、英文スペルチェッカーの機能が使えません)

・下記のサイトから(ベクター)
 http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se091401.html



  3)USBで使える「Linux OS」

(1)「Linux USB-KNOPPIX」 
USBメモリーから起動する「OS」です。
CDブートのKNOPPIXはご存じの方が、多いと思いますが、これはUSBブートで起動します。  

興味のある方は、下記のサイトを閲覧してください。
http://kserv.jec.ac.jp/news/release_2004-10-17.html

USB-KNOPPIXのダウンロードには、NetScape、Mozilla、Firefox、Opera、Safari、Lynxなどからどうぞ。 IEからは、通常のようにダウンロードできません。



  4)USBで使える「オフィス、スケジュール ソフト」

(1)OpenOffice.org Portable
インストール時90.6Mバイトありますので、お持ちのUSBの容量に注意。
表計算ソフト、ワープロソフト、プレゼンテーションソフト。
openoffice_portable_small.png 

・ダウンロードサイト
 http://portableapps.com/apps/office/openoffice_portable

上記ソフトを「USBで使うランチャーソフト「PStart」」を使用して、USBに格納すれば、更に使いやすくなるのではと思います。 

------------------------------------------------------------------
(2)LibreOffice Portable
    OpenOfficeから、派生したアプリです。  こちらは、MACでも使えるようです。
LibreOfficePortable

対応OS
 Windows XP/Vista/7/8, Wine under Linux/UNIX/Mac

・ダウンロードサイト
 http://portableapps.com/apps/office/libreoffice_portable


------------------------------------------------------------------
(3)Schedule Watcher
カレンダー、スケジュール、メモ、ToDoを管理したり、同時に見ることができます。
お奨めのソフトです。

・作者サイト
 http://www.geocities.jp/sako_software/sw47.htm

・ダウンロードサイト(窓の杜)
 http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/business/pim/schedulewtch.html


------------------------------------------------------------------
(4)AbiWord Portable  
  Microsoft Word や OpenDocument などの形式に対応したドキュメントの読み込み・編集ができるワードプロセッサです。
 (現在、Windows版AbiWord用の日本語辞書ファイルが無いので日本語の編集には難があります。) 
abiword


対応OS
 Windows  XP/Vista/7/8

・ダウンロードサイト
 http://portableapps.com/apps/office/abiword_portable



  5)USBで使える「セキュリティ ソフト」

(1)Portable ClamWin
  Windows用ウイルススキャンソフトです。
  インストール時最大15Mバイト(定義ファイル込み)。

ClamWin Portable

対応OS
 
Windows XP/Vista/7/8

・ダウンロードサイト
 
http://portableapps.com/apps/utilities/clamwin_portable



  6)USBで使える「動画再生・編集ソフト」  


(1)VLC Media Player Portable 0.8.6c

vlc_portable_00l.png 

機能
・動画や音楽の再生。
・再生可能な形式は、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、DivX、XviD、WMV、mp3、oggなど。
・動画や音楽ファイルを別形式のファイルに変換する機能。
・PCカメラの映像を表示可能。
・日本語表示します。

対応OS
 Windows 2000/XP/Vista

・ダウンロードサイト
 http://portableapps.com/apps/music_video/vlc_portable
通常のHDDインストール版もあります。


------------------------------------------
-----------------------------------------
(2)MPlayer Portable 1.0 RC1

mplayer

機能
・動画の再生機能のみです。
・再生のみで使用するなら、VLCより軽いです。

対応OS
 Windows ALL

・ダウンロードサイト
 
http://portableapps.com/apps/music_video/mplayer_portable

-----------------------------------------------------------------------------------


(3)VirtualDub Portable  追加
「VirtualDub Portable」は、ビデオキャプチャ・ビデオ処理ユーティリティー「VirtualDub」のポータブル版です。

virtualdubportable
機能
 AVI/MPEG-1のファイルを編集、圧縮することができるソフトです。

対応OS
 Windows ALL

・ダウンロードサイト
 
http://portableapps.com/news/2008-08-19_-_virtualdub_portable_1.8.5




  7)USBで使える「画像処理ソフト」

(1)
VIX (総合画像ビューワ)
  ビューワですが、下記のような便利な編集機能も付いていますので使えます。

vix

機能
・画像のリサイズ、トリミング、減色処理、回転。
・D&Dによる連結などの加工機能
・画像フォーマットの一括変換、及びこれらを一括して実行できる「総合変換」機能
・画像一覧を印刷したりホームページにしたりするアルバム機能
・TWAINやWIAを使っての画像取り込み機能。

対応OS
 Windows 95、98、NT、 Me、XP

・機能詳細とDLは下記のサイトより。
 http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se083112.html


----------------------------------------------------------------------
(2)Portable GIMP  (画像処理ソフト)
  GIMPはフリーの高性能なフォトレタッチ系の画像処理ソフトです。

GIMP Portable
 UNIXで開発されていたものですがWindows、MacOSXに移植されています。
 画像の作成や加工、フォトレタッチ、変換、ドローなどの様々な機能を使う事ができます。
 日本語に対応。

対応OS
 Windows ALL

・ダウンロードサイト
 http://portableapps.com/apps/graphics_pictures/gimp_portable

-----------------------------------
-----------------------------------
(3)「Portable XnView

 Portable XnView はUSBフラッシュメモリなどのU3スマートドライブにインストールすることができるXnViewです。

XnView Portable

<機能>
・400以上のフォーマットの読み込み及び50以上のフォーマットに変換する事ができる多機能な画像ビューワです。
・多言語で使用できます。
・イメージブラウザで画像の閲覧や検索をしたり、画像のプロパティやEXIF情報でカメラや作成日時などの画像の情報を調べたり、コンタクトシートの作成や印刷、デスクトップのキャプチャー機能。

対応OS

 Windows ALL


・DLは下記のサイトより。

 http://portableapps.com/apps/graphics_pictures/xnview_portable/



  8)USBで使える「ランチャーソフト」

(1)「PStart」v2.10」 ランチャー
  USBメモリを更に使いやすくす為の、USBに入れたAPを起動するランチャーソフトです。

PStart

特徴
 登録したAPの保存先を相対パスで記録しますので、例えば本ソフトを他APとともにUSBメモリへインストールし、USBメモリ上のAPを本ソフトへ登録しておく。すると、USBメモリを別のパソコンへ接続した時に、USBメモリのドライブレターが変更されても、本ソフトからUSBメモリ上のAPを起動できる。

機能概要
・インストール先として「ローカルのHDD」や、「USBメモリなどのリムーバブルメディア」も指定可能。
・Windows XP、Vistaなどに搭載されている、リムーバブルメディアの自動再生機能で、本ソフトを起動するためのメニューが表示されるように、USBメモリ内へ“autorun.inf”を作成することも可能です。
(ソフト専用のUSBにするなら、オートランinfを作成して使用した方が便利です)

・ダウンロードサイト。
 http://www.pegtop.net/

----------------------------------------------------------------
(2)「Portable Start Menu 1.2」 ランチャー
  USBメモリやローカルPCにインストールして使うことができるシンプルなスタートメニューアプリケーションです。
pme.gif

特徴
・起動したいアプリケーションを登録して、ウィンドウを最大化/最小化にして開くようにしたり、Portable Start Menu 起動時に自動的にアプリケーションを開くようにすることもできます。
・通常のアプリケーションランチャーとして、またUSB内のアプリケーションを開くスタートメニューとして便利です。

対応OS
 Windows ALL

v1.3が、2月26日に出ています。
・Portable Start Menu
 http://www.aignes.com/psmenu.htm

・ダウンロードサイト。
 http://www.aignes.com/psmenu.htm


--------------------------------
--------------------------------
(3)「あやめ」 ランチャー
 相対パス対応ですし、シンプルですので良いですよ。

対応OS
 Windows  98、Me、NT、2000、XP

・ダウンロードサイト。
 
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se332118.html

----------------------------------------------------------------


  9)USBで使える「暗号化ソフト」

(1)「アタッシュケース
 USBメモリに入れて使えるフリーの暗号化ソフトです。

atcs.gif

 この「アタッシュケース」を使用すると、パスワードをかけて暗号化して保存してくれますので、USBメモリーに機密情報を保存して持ち歩いて、消失した場合でも大丈夫です。こんなストレスから少し解消されます。 又、「ノートパソコン」自体を社外に持ち出す方にも、大事なファイルのみ、暗号化できますので、たいへん便利なソフトではないでしょうか。


特徴
・世界標準の暗号アルゴリズム(AES)としても有名な“Rijndael”を採用した、強力なファイル/フォルダ暗号化ソフトです。
・パスワードだけでなく、任意のファイルを解除キーとし、ファイルやフォルダを暗号化・復号できます。


アタッシュケース

使い方
(1)lzh型式の圧縮ファイルを、下記のサイトから、ダウンロードして解凍します。

(2)解凍後、フォルダを開くと「AtchCase.exe」と云う実行形式のファイルがありますのでこれを起動します。

(3)暗号化したいファイルを上記、図1にドラッグ&ドロップして、パスワードを入力すると暗号化されます。
尚、暗号化するときに、実行形式出力にチェックマークを入れておくと、本ソフトが入っていないPCで復元する事が可能です。

(4)暗号化されたファイルを戻したいときも、図1にドラッグ&ドロップして、パスワードを入力すると暗号化されたファイルが復号されます。


対応OS
 Windows 98、Me、NT、2000、2003、XP、Vista

・ダウンロード、使い方 作者サイト
 http://hibara.org/software/attachecase/




----------------------------------------------------------------
(2)「AnGo3 free
 USBメモリへのファイル保存時に自動で暗号化できるソフトです。
ango3free_001.jpg
使い方
・起動するとタスクトレイに常駐し、USBメモリへのファイル保存を監視する。
・ユーザーがUSBメモリ内へファイルを保存すると対象ファイルを自動的に暗号化し、USBメモリ内のファイルを開くと自動的に復号してくれる仕組みになっています。
・暗号化・復号に使用するパスワードは自動生成され、本ソフトのインストール時に“AnGo3free暗号鍵パスフレーズ.txt”という名前のファイルでデスクトップ上へ保存される。


注意事項
 復号時にパスワードを手動入力することはできず、本ソフトをインストールしたパソコン上でのみ復号できる仕様になっていますので、この生成されるファイルは間違って削除しないように注意です!!
(有償版の「AnGo3」を利用すれば、異なるパソコンでファイルを復号することが可能)


対応OS
 Windows 2000XP

・ダウンロードサイト
 
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/04/01/ango3free.html



  10)USBで使える「その他の便利なソフト」

----------------------------------------------------------------
(1)CCleaner Portable  (システムクリーナー)
 USBフラッシュメモリやCD/DVDなどのリムーバブルメディアに入れておくことができるポータブルバージョンのCCleanerです。
ccleaner_portable
対応OS
 Windows ALL
 
機能概要
 WindowsだけではなくFirefoxやWinRARなどの、サードパーティのソフトウェアを使用していて蓄積するファイルもすべて削除することができます。
他にはレジストリ等の問題点の修正の他、プログラムのアンインストールやスタートアップの一覧表示や削除の機能があります。

・DLは下記のサイトより。
 http://www.ccleaner.com/download/builds/downloading-portable


----------------------------------------------------------------
(2)「Portier」v2.0
  CD/DVDトレイの開閉やUSBメモリなどの安全な取り外しを行うショートカットファイルを作成できるソフトです。

対応OS
 Windows 2000、 XP、Vista

・機能詳細とDLは下記のサイトより。
 http://hp.vector.co.jp/authors/VA035038/index.html


----------------------------------------------------------------
(3)「RoboForm2Go」 
 USBメモリに入れて持ち運べる携帯版の「RoboForm」です。
RoboForm2Go はウェブサイトのログインIDやパスワードなどのログイン情報や、氏名や住所・メールアドレスなどのフォームを記憶してログインや入力を自動化するプログラムです。

・ログイン帳のエントリ10個までは無料で使用することができます。

対応OS
 Windows 9x/Me/2000/XPOS:

・ダウンロードサイト
 
http://www.roboform.com/jp/pass2go.html


----------------------------------------------------------------
(4)Zoundry Raven   追加
ポータブルで使えるブログエディター
raven.jpg 

・ダウンロードサイト
 http://www.zoundryraven.com/index.html


関連記事

1)USBメモリーに格納して使える「PortableApps.com」のフリーソフトとランチャー(2009年3月)
2)USBで使うランチャーソフト「PStart」
3)USBメモリーに格納して使えるソフト その2
4)USBメモリで持ち運べる、便利なフリーの動画再生ソフト
5)USBメモリーに格納して使える「ブラウザ」ソフト

Sponsored Links

関連記事

関連タグ : USBメモリー活用,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/367-d408d9cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック