ブログサイトをEPUB形式の「電子書籍」を作成できる「calibre」について

ここでは、「ブログサイトをEPUB形式の「電子書籍」を作成できる「calibre」について」 に関する記事を紹介しています。

Sponsored Links

 夏休み企画 第三弾。  

 本日は、電子書籍を管理するための「calibre」と云うアプリケーションを紹介します。 

 アドビの「InDesign」というアプリを使えば、簡単に「EPUB形式」の電子書籍を編集・作成できますが、これが高価すぎて手に入れる事ができませんので、何とかならないか。。。。と思っていました。

 最近、電子書籍を自前で作ることを「自炊」などと、云うそうですが、このアプリを使用すると、自分のブログサイトをEPUB形式の「電子書籍」にして、iPhone・iPadのアプリ「iBooks」の中で読めるようにできます。  

 フリーのアプリです、「EPUB」の知識なんか無くても大丈夫ですから。。。。 皆さんも是非、お試しあれ。

 。。。と言いながら、ちょっとだけ、電子書籍の「フォーマット」について、お勉強です。
 そして、下記それぞれの「フォーマット」に対応した機器でないと見ることができないと言う事です。

1PDFご存知のPDFファイルです。 簡単にPDFファイルを作れますので敢えて記載しません。
PDFを閲覧できるiPhone・iPadのアプリは、多数有り、すでにみなさん使用されていると思います。
2EPUBXHTML+CSSをzip形式で圧縮したものです  iPhone・iPadのアプリ「iBooks」で開けます。     (ホームページをHTML文で修正できる方なら理解できると思います。 ほぼホームページと同じです)
3.book 専用のビューアーソフト「T-Time」(ボイジャー)を使って読む形式です。
4AZW/MOBIアマゾン Kindle用のデータです。 AZW/MOBIの作成には、米アマゾン・ドットコムが提供する専用ツール「Kindlegen」を利用します。
5TopazKindleの最新電子書籍ファイルフォーマット
6XMDF専用Readerソフト「ブンコビューア」(シャープ株式会社)を使って読む形式です。
XMDF形式の書籍は、パソコンだけでなく、PDA(携帯端末)でも読むことができます。
 (拡張子は.zbf)


 なるほど、色々なフォーマットがありますが、これから先「音楽業界」のように、出版業界で日本語の書籍が「電子化」され沢山出てきた時に、とても厄介ですね。
 1つか2つに統一されないと。。。。商売ですので、どちらが良いと云うより「覇権争い」に任せるしかないのでしょうか?


それでは、いよいよ、多様なファイルフォーマットに対応した

電子書籍管理ソフト「calibre」について

機能
・PDFやMOBIなどの電子書籍ファイルをインポートして閲覧する機能
・USB接続した電子書籍リーダーで閲覧できるようフォーマットを変換する機能を装備
・EPUBをはじめ、多様な電子書籍フォーマットをサポート。
 インポート又は変化した電子書籍ファイルは、付属のビューアで閲覧することが可能。
・OpenOffice.orgのワープロ機能「Writer」で作成した文書(*.odt)やリッチテキスト(*.rtf)をインポートし、EPUBに変換するユーティリティとしても活用可能。
・PDFのインポート/閲覧にも対応(日本語フォントを含む文書の変換には未対応)。


 iPadで読める「EPUB」フォーマットの書籍を作成する手順を記載します。

 このアプリは、高機能で色々なことができますが、今回は自分のブログサイトをEPUBU形式に変換します。
 次に、iPadに格納して、「iBooks」で閲覧するところまでです。

1)「calibre」を起動して、画面右上のメニューアイコンより、ギアマークのプレファランスをクリック
calibre_101.png 

2)表示された 一般(GENERAL)で、フォーマット「EPUB」、言語「Japanese」を指定します。
calibre_102.png 

3)Conversionをクリックして、「Page Setup」タブでiPadを指定する。
calibre_103.png 


4)メニューアイコン中央付近の「ニュースの読み込み」より、「カスタム ニュースソースを追加」をクリック。
calibre_104.png 


5)ここが肝心ですので たぶん、つまずく人は、ここでコケます。

  なぜなら、自分のブログのタイトルは自分でつけたので分からないはずはありませんが、自分のブログの「フィード」のURLが分からないと、この先へは進めません。

 一番簡単な方法は、IE7からフィードを登録できますが、登録したフィードを右クリックするとプロパティが表示されますのでそこのアドレスに記載されています。

calibre_105.png 
指定後、「Add Feed」ボタンをクリックする。


6)「ADD/Update」ボタンをクリック
calibre_106.png 


7)スケジュールを決めて、ダウンロードすることができます。
calibre_107.png 

8)ニュースのダウンロード スケジュールを指定する。
calibre_108.png

最後に「ダウンロード」ボタンをクリックすれば、自分のブログサイトが、EPUB形式で出来上がります。



9)iPadをパソコンに接続して、iTuneを起動して、iBooksのファイル管理部分にEPUB形式のファイルをドラックアンドドロップすれば完了です。
ibooks_kakunou.png 


10)ちゃんと、iPadの「iBooks」に格納された、自分のサイトの「EPUB」形式の電子書籍
  
ibooks_kakuno02.png 

・タイトルの日本語が文字化けしています。
ibooks_kakuno03.png 



11)ちゃんと目次ページもあり、タップすると該当ページを表示します。

ibooks_kakuno04.png 

 なんと! すばらしい!    自分のサイトの電子書籍が出来上がりです。
 


インストール メモ
初回、インストール時に設定しておくウイザードですが、後でも実行可能です。

1)使用言語とEPUBファイル作成時の格納場所を指定します。
calibre_001.png 


2)ブックリーダーの指定ですので、Appleを指定します。
calibre_002.png 

3)Stanza関連の項目ですので、チェックを入れずに、「NEXT」をクリックします。

calibre_003.png 



対応OS
 Windows XP、 Vista、 7
 Mac OS X
 Linux

 無料です(ソースコードはGPL準拠のもと公開)

補足
 2010年8月17日 現在、
 作成時のバージョンより、UPした0.7.14がリリースされていますので、メニューが日本語表示されていると思います。

・Windows版 ダウンロード
 http://calibre-ebook.com/download_windows


 --関連記事--
ブラザーが、「ドキュメントスキャナー」を計4機種を7月下旬から発売(2012年7月)
自分の所有する書籍やドキュメントを電子書籍化するときに便利なフリーソフト2つ(2010年7月)
電子書籍と電子書籍リーダーのニュース(2010年7月)
iPadにPDFファイルを取り込んで「GoodReader」でドキュメントを見る方法(2010年6月)
「電子書籍リーダー」いろいろ(2010年5月)
日本での発売延期になった「iPad」を購入する前に準備しておきたい事(2010年4月)
フリーソフトでPDFファイルを作り、「iPhone」や「iPod Touch」で活用する方法について(2010年2月)

Sponsored Links

        
関連記事

関連タグ : 電子書籍, EPUB,

コメント
この記事へのコメント
ひまわり 様

管理人のGTです。

コメントありがとうございます。

自分のサイトを「電子書籍」にするのも面白いと思います。
しかも、EPUB形式で保存できますので、「電子書籍」らしく出来上がりますね。
私は、パソコンの「iTunes」経由で、EPUBUファイルを「iPad」に入れて楽しんでいます。

色々と試してみて下さい。 お役に立てて幸いです。
ありがとうございました。
2015/04/27(月) 22:32 | URL | GT #-[ 編集]
ブログサイトをEPUB形式の「電子書籍」を作成できるソフトを紹介してくれてありがとうございます。
2015/04/27(月) 16:30 | URL | ひまわり #J9dZBmBE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weba03.blog96.fc2.com/tb.php/990-8e53666e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック